・攻略情報

【2021年版】本多忠勝を分析・評価しました!

どうも!てけてけです。


今回は最新のアップデートで副将ガチャに並んだ

本多忠勝の分析をしていきたいと思います。




●スキル1

 敵6名に740%の攻撃。

 傾国と群雄でダメージ2倍で1480%に。


 攻撃後2ターンの間、

 気盾状態になり、受けたダメージの60%を

 HP%が低い敵1名に転嫁する。


 100のダメージの内自身は40だけ受けて

 HPが低いピンチな相手に60ぶつける。

 つまり150%反射をHPが低いピンチな相手に

 ぶつけることができる鬼畜仕様。


 しかも自身に40%のパッシブ反射が

 ついているので総合反射でいうと190%

 相手陣営に返していることになる。


 転嫁可能なダメージ量は自身の残りHPを越えない。

 なので例えば1000万しかHPがない状態で

 5000万のダメージを受けても

 1000万の転嫁ダメしか飛ばせない。



 【カット可能なダメージ】

  ・防御無視攻撃(ステ、攻撃、スプ)

  ・卑弥呼の鬼神の道

  ・程普の天然ボケ

  ・王貴人死亡時反撃

  ・安倍晴明の罪悪呪禁



 【カットできないダメージ(転嫁不発)】

  ・反射

  ・罪悪封印

  ・燃焼

  ・



 【対策方法】

  ・援護

  ・聖護援護(罪悪流血返しはできない)

  ・不可視

  ・影甲

  ・祝福

  ・浴火

  ・神祇

  ・氷棘

 

 


 【その他特別な動き】

  ・束縛状態の忠勝の気盾転嫁ダメージは

   乱波状態の風魔小太郎を撃殺できる。

   束縛による火力ダウンの効果も発揮されない


  ・毛利元就などの攻撃時不死状態のキャラの

   攻撃中は気盾転嫁ダメージで撃殺できない。


  ・気盾では転嫁ダメかっとできない。


 

 気盾の大きな弱点は2ターンしかないところ。



●スキル2

 スキル発動前本多忠勝のHP%が25%より

 低い場合、HP上限の25%回復。


 その後敵4名に初回は800%の攻撃。

 このスキル2を発動する毎にダメージ倍化され

  初回:800%

  2回:1600%

  3回:3200%

 と火力が膨れ上がっていく。


 恐ろしいのが、このスキル2で敵を撃破

 できなかった場合に、スキル2を再発

 できるところ。この再発でダメージ倍化する。


 ついでにこのタイミングでも条件を満たせば

 25%回復ができ、敵の反射にも備えている。


 攻撃前、敵にHP%で勝っていればダメージ倍。

 なので最大火力は12800%と

 範囲攻撃ダメ%最強クラス。


 下手な連撃キャラより重い範囲攻撃。