• teketeke

劉邦(UR閃)を分析・評価しました!

最終更新: 2019年9月30日

どうも!てけてけです。

今回は劉邦を分析・評価しました。

劉邦の強い点や弱い点など参考にしてもらえたら嬉しいです。




●スキル1

 520%の6名攻撃の後、

 HPの低い1名に攻撃力の80%防御無視攻撃を行う。


 その際に劉邦のHPが60%以上残っていればダメージ倍で

 1040%の6名攻撃に160%の防御無視攻撃に変化する。


 筋力パッシブもLv×300持っているのでこれはかなり強力。


 劉邦はパッシブとこのスキル1がきれいに連携できていて

  ・防御力Lv×220でダメージを受けづらくしている

  ・HP最大回復率4%によってスキル1発動前に無条件でHP回復できる。

  ・HP吸収30%によってスキル1発動時に60%HPが無くても

   攻撃しながら条件を満たしにいける。


 劉邦のスキル1は攻撃中にHP吸収によってHP60%以上に達した場合

 しっかり攻撃の途中からダメージ倍が発動する。


 なので最後の防御無視攻撃に関しては160%が実現しやすい。



 また最後の防御無視攻撃に関してはHPが低い相手を狙うので 

 6名攻撃で弱った相手を高確率で仕留めにいけるところも大きい。

 特に回復や援護役の謀士キャラなんかを仕留めるのには本当に便利なキャラ。

 これによって戦局が大きく変わることもある。

 (HP低いキャラを狙った防御無視攻撃は意外と少ない。卞氏、司馬師)


 防御無視攻撃の前に6名攻撃を挟んでいるので

 弱い子を防御無視攻撃で狙ってしまうこともなく

 効率よく防御無視攻撃をしかけられる。




 スキル1の特性上、先手で陣営の先頭に置くか

 応援で出すという使い方が一般的な劉邦の使い方になる。







●スキル2

 HPの低い敵3名に520%の攻撃を行い、

 劉邦の筋力が敵より高い場合ダメージ倍で1040%。


 攻撃後に敵HPが30%以下の場合追加攻撃を行う。

 筋力で勝って追加攻撃も発動した場合

 1040+1040=2080%

 の3名攻撃を敵にぶつけることができる。


 2400%とかそれ以上のダメージをスキル2で

 出すキャラがいるのでトップレベルではないが、

 劉邦は筋力Lv×300があるので、十分強い。


 ただし最悪の場合、ただの520%の3名攻撃になってしまう。

 




●一般戦闘

 ・敵HP30%より高い場合

  スキル1:520×2×4+160=4320

  スキル2:520×2×3=3120

  合計:4320+3120=7440%


 ・敵HP30%より低い場合

  スキル1:520×2×4+160=4320

  スキル2:520×2×2×3=6240

  合計:4320+6240=10560%


 ダメージを伸ばせるスキル2が3名攻撃というのが残念。

 ただし劉邦は筋力値も防御貫通も高いのでこのダメージ%でも

 そこまで悪くはない。中の上といったところ。

 

 筋力Lv×300÷5 = 命中Lv×60パッシブを持っているような状態だが

 命中も育成が必要。





●ボス

 ボス戦では範囲攻撃キャラの劉邦は

  スキル1:520×2+160=1200%

  スキル2:520×2=1040%

  合計:2240%

 となり火力がかなり伸び悩む。


 ボスが憤怒狂乱化してからも高い防御力とHP吸収によって

 耐えながら戦うことはできるが、スキル1でダメージ倍が

 発動できずに後半戦で火力が伸び悩んでしまう。


 


●訓練所

 防御力が高く、ダメージを受けてもHP吸収で回復できるので

 敵の波状攻撃に耐えることができる。


 スキル1の追加攻撃はHPが低い相手を狙ってくれるが

 防御無視攻撃のため高HPの訓練所ボスにとってはあまり効果的ではない。



●闘技場

 スキル1、スキル2両方ともHPが低いキャラを狙って攻撃する

 虹キャラは2019/09/24現在劉邦と秀吉だけ。(条件を満たせば呂布も)


 敵を仕留めることに特化したキャラクター


 ただし敵を仕留めるためにはHP保持とステータス優位が

 かなり重要になってくる。


 ●獲物

  ■同等レベル以下の物理範囲攻撃キャラ(流血、反射、撃砕、破甲キャラ除く)

   対象となる副将:多数

   劉邦は防御力が高く、HP回復もできるので

   単純な範囲攻撃の火力で落とすのは難しい

 

  ■謀士、弓将全般

   対象となる副将:多数

   高筋力パッシブ範囲攻撃から弱った謀士や弓将に

   無慈悲の防御無視攻撃



 ●天敵

  ■高反射キャラ

   スキル1の6名攻撃でHPが減ってしまうと

   途中から火力が半減してしまう可能性がある。

   直江兼続なんかに攻撃力は高いが耐久力が低いキャラに援護を付与されると

   反射ダメージをたくさんくらうことになり厄介(秦王に援護とか)


  ■流血キャラ

   廉頗、程普、真田幸村、嫦娥、楽進、丁奉、服部半蔵、

   HP吸収とHP最大回復率の2つの持ち味がかき消される。

   それによってスキル1の火力も安定しなくなる。



 ●相乗効果

  ■畜力付与キャラ:妲己

   このキャラクターはとりあえず攻撃力を上げれば良い。

   攻撃力を上げることでHP吸収でHP回復できるし、

   防御無視攻撃の部分も伸びる。

   さらに妲己の畜力によって状態異常耐性を上げれば

   耐久面でほとんど心配がなくなる。


  ■援護付与キャラ:直江兼続

   HPは高くないが、高HP吸収(+中貫通値)、HP最大回復率

   高防御力が反射と相性がよいし、

   劉邦の持ち味の硬さがさらに伸びてバトルが安定する。





 ●相殺効果

  ■弱い子を撃殺をすることで加速するキャラ

   (これは相乗効果にもなり得る)

   ・ダメージ倍:三妖精、信長、趙雲子龍、韓当、飛鳥、荊軻 

   ・援護付与:蒙恬

   ・狂乱:衛青、李信、真田幸村

   ・バフ奪い:関羽雲長

   ・奮起:関羽

   ・暴走:王賁

   ・雷鎧:典韋

   ・追加攻撃:左慈、張飛

   ・総ダメージ回復キャラ:多数

  HP低いキャラに止めを刺して加速したいのに劉邦に先を越される。



●格上相手

 格上相手にスキル1でHP60%をキープしながら戦うのは

 かなり難しい。スキル2の筋力勝負もLv×300あるのでパッシブなしには勝てるが

 筋力パッシブ持ちの格上に勝つのは難しい。



●育成で苦労するところ

 HPの高さによってスキル1の火力が変わるので、

 体力値や、混沌4の日月2にするなどHPへのリソース配分が重要。

 体力奥義もできれば解放したいところ。


 一般戦闘での活躍も期待するのであれば命中で苦労する。




●単騎特化陣営の最初の副将として登用するか

 今回は見送ります。

 ボス戦で火力が伸びないところが決め手。

 闘技場では単騎特化として使うのであれば妲己と組みたい。



●単騎特化陣営の二人目の副将として登用するか

 単騎特化陣営では二人目としてもあまり向かない。

 このキャラクターは中途半端に育てると受けるダメージによって

 スキル1発動時にHPが足りなかったり、

 スキル2では筋力勝負で負けたりと良いことが無い。

 登用するなら徹底的に育てたいキャラ。




1,187回の閲覧