徐晃(URアバター閃)を分析・評価しました!

最終更新: 5月30日


今回は徐晃が新しくガチャに

並んだので、その評価をしていきたいと思います。






●スキル1

 500%のランダム6回攻撃。3000%の攻撃。

 一般戦闘でダメージ倍なので6000%。

 攻撃する度にクリ率が15%ずつ上がっていく。

 ・クリ率の推移

  1回目:15%

  2回目:30%

  3回目:45%

  4回目:60%

  5回目:75%

  6回目:90%

 6発全てクリティカルの場合

 750%×6=4500%

 放置中は9000%


 クリティカルが発生した場合

 次回の攻撃が必中になる。


 攻撃の後半になるほど、

 クリ率が上がり当たるようになっていく。


 

攻撃した後2ターンの残影状態に入り

回避率が80%増加する。

 

【回避率12.4%、会心率16%】

 ・戦役レベル25格上の相手

  半分以上当たるクリティカル不安定

 ・戦役レベル15格上の相手

  だいたい避ける。クリティカルもよく発動。

 ・戦役レベル10格上上の相手

  だいたい避ける。クリティカル余裕で連発



【回避率40.2、会心率62,5】

 ・戦役レベル差25格上の相手

  半分以上避ける。クリティカル連発可能

  90%超えてもクリ出ないことがあった。

  このことから100%超えても

  確定クリにはならないことが分かる。

  

 ・戦役レベル15格上の相手

  かなり避ける。クリティカル余裕で連発



ただしこれは同じレベル差でも

戦役ステージの高さによって結果は変わると思う。

参考程度に。



 命中は一般戦闘進めるために、みんなかなり上げていて

 奥義も開放している人多いので対人での回避は基本的に

 厳しい傾向にある。

 訓練なんかでも☆をあげていくと命中率は上がるが

 回避率は上がらないし。







●スキル2

 敵6名に760%の攻撃。

 攻撃時にクリティカル発生率が10~60パーセント増加する。

 徐晃の残りHP%が高いほど会心率は増加する。


 クリティカル発生の場合、さらに会心ダメージを+100%上乗される。

 なので会心ダメ150%なら250%になるという動き。


 760%→1900%の6名攻撃まで一気に伸びる。

 指輪の伝説神器上げれば2500%くらいまで伸びる。準最高火力。


 そして会心が出た場合はその場でダメージの100%分回復する。

(与ダメベースの回復)

 会心が出ない場合は回復もできない。

 反射ダメージを受けた場合に

 攻撃中に会心率は落ちていくのか?

 どちらにせよ

 初撃で弱い子を巻き込んでクリティカル成功すれば

 HPがほぼほぼ全回復するので挙動は安定しそう

 与ダメベースの回復なので反射にも強い。


●一般戦闘

 ・スキル1:500~750%×6回×2=6000%~9000%

 ・スキル2:760%~1900%×4名=3040%~7600%

    合計:9040%~16600%

    命中:Lv×160

  戦役火力はおおよそ1万を超えるのなかなかの威力。

  指輪の伝説神器をあげて会心ダメージを高くしていけば

  さらに高ダメージ化を狙えるが、

  レベル差が付いた時の会心の発動率が不安定。


  スキル2が与ダメベースの回復なら時間かかりそう


  胡喜媚の影甲で覆ったうえで趙公明の祝福を付与すれば

  スキル1の必中効果とスキル2の会心ダメージかなり安定しそう。




●ボス戦

 ・スキル1:500~750%×6回=3000%~4500%

 ・スキル2:760%~1900%

    合計:3760~6400%

    命中:Lv×160

  ボス戦の火力は基本4,5000くらいでまずまず。

  

  


 

●訓練所

 訓練所は敵とレベルが近かったり、

 場合によってはこちらの方がレベルが高かったり

 ということが容易に実現できるので残影で回避し易い

 スキル1、スキル2共に会心オンパレードを狙えて火力十分、

 ただ回避できないと即効でやられるので注意。

 あとバフ剥がしキャラも訓練所には結構いるので

 そこで手詰まりになる可能性が高い。

 劉備と組めばかなり安泰。



●闘技場

 ■獲物

  ●レベル差で有利な相手

   回避率も会心率もレベル差補正がかかるので

   スキル1もスキル2も最高のパフォーマンスを発揮できる。


  ●命中パッシブがないキャラ

   さらに命中の奥義もあまり開放していない

   陣営相手にはかなり強い。



 ■天敵

  ●格上相手

   回避率も会心率もレベル差補正でうまく働かないので

   パフォーマンスが一気に落ちる。


  ●狂乱キャラ

   真田幸村、上杉謙信、趙雲、荊軻、関羽雲長、衛青、李信、文鴦

   狂乱のスキルが必中になったので残影でも避けられない。

   徐晃はダメージを受けてしまうと

   スキル2のクリ率が落ちてしまい性能ダウン。

  ●バフ剥がしキャラ

   荊軻、ホウ徳、家康、牛若丸、酒呑童子、真田幸村、陸遜、白起

   孫策伯符、秀吉、玉藻前、アテナ、茨木童子、司馬昭、大喬小喬、

   直江兼続、郭嘉、太公望

   孫権は残影をはがされてしまうと耐久面が一気に弱くなる。

   ただし董卓と曹丕のバフはがしは命中させないといけないので避けれる。

  ●高命中キャラ

   左慈、その他多数。

   孫権の残影だけでは回避しきれない場面が実際に

   挙動を確認してみてよく見られたので

   前田慶次、韓当は必中。

  ●高反射キャラ

   残影は反射ダメージは避けられないので

   スキル1の攻撃中にHPを減らしてしまい、スキル2のクリ率が下がる。

   特に挑発でスキル1の攻撃を全て受け止めてしまう上杉謙信は苦手。

   スキル2はクリティカルが出ればダメージの100%HP回復するので

   反射に強い。




 ■相乗効果

  ●援護付与キャラ

   徐晃が苦手な防御面を補いつつ

   反射パッシブ40%に上乗せで反射を付けられる。

   徐晃はスキル2のクリティカルでかなりのHP回復ができるので

   HP調達もかなり上手にできる。



  ●祝福付与キャラ:趙公明

   残影で攻撃を回避した場合には祝福は剥がれないので

   祝福を残しやすく会心率を高く保てる。HPも回復してくれるので

   スキル2の会心発動率を高く保ってくれる。

   更に胡喜媚なんかの影甲で覆っておけばかなりの維持率になる。

  


  ●盲目キャラ:韓当、袁紹

   徐晃の高い回避率にさらに敵の命中率を落とすことで磨きをかける。



 ■相殺効果

  ●残影付与キャラ:張宝

   張宝の残影は40%と低いのにターン数は3ターンなので

   上書きされてしまうと残影の回避率が落ちてしまう。




●育成ポイント

 混沌日月:混沌4(武器、兜、鎧、腰当)日月2(指輪、副装備)。

   強化:指輪以外全部全力

   無双神器:武器、鎧、副装備、指輪

   伝説神器:指輪、武器、兜・腰当



●傾国・群雄・戦姫

 守備は弱い。

 攻めは命中の低い相手を狙えば初速突破は容易。

 デバフがかかると残影してもあたるようになるので

 長距離走は苦手。


●単騎特化陣営の1人目の副将としてありか?

 無課金なら見送る。(育成リソースが高い)

 微課金ならギリギリ見送る。(闘技場などでレベル差補正不利なので)

 課金以上ならギリギリ登用ライン。ただし劉備と趙公明は必須で。

 それでも今は優秀な狂乱キャラやバフ剥がしキャラ、反射キャラが

 増えたので本当に好きじゃなきゃとらないかな。


●単騎特化陣営のサポートキャラや準主力としてどうか?

 あああ




1,063回の閲覧