放置少女の六傑を比較してみた。

どうも!てけてけです。


今回はかなり早いスパンで

ガチャに毛利元就が並びましたね!

明智、卑弥呼、樊氏をすっ飛ばしての登場で

放置民が色めき立っていますが


前回分析動画を出してから

期間も短いので、今回は細かな

毛利元就の分析はせずに


最近インフレがどんどん進む

放置少女の対人強キャラクター達を

徹底比較していきたいと思います!




●放置少女の六傑

 ・韓信

 ・毛利元就

 ・卑弥呼

 ・最上義明

 ・ナタ

 ・真田幸村(白無垢)

 この中でもすでに格差が生まれてしまっているが・・・

 

 

●そもそも何が注目されているのか?

 ・圧倒的な対人戦闘力。

  他の虹キャラの追随を許さない程の対人戦の強さ。

  またリリースされた当初環境を騒がせたかどうか

  選考基準に入っている。

  (コラボキャラのウアサハは外しました)


ということで

これらのキャラクターの

・戦役

・ボス

・傾国、群雄、戦姫無双

・闘技場、皇室

での性能をランキング形式で

発表していきます。



■戦役ランキング

 1位:最上義光 ☆☆☆☆★

   ダメージ%はナタに軍配が上がるが、

   最上はスキル2の連撃によって敵人数のパターンに

   対応できるところとミスのリカバーが可能なところが大きい。

   スキル1で敵1体を仕留める動きのおかげで応援出しの

   撃砕キャラの撃砕付与人数も

   4人にこだわらなくて良いところもポイント高い。


 2位:ナタ ☆☆☆☆★

   火力安定性は最上以上のポテンシャルがあり

   スキル1で撃砕もばらまけるので、戦役火力トップクラスキャラだが

   スキル2が範囲攻撃なので、中途半端に敵1体を倒して

   敵1体にミスが出た場合にリカバリーができない。

   ボス戦なんかではスキップ連打すればよいが、

   戦役の場合は一回のミスで経験値効率が落ちてしまうので

   安定感の高い最上を1位にした。


 3位:卑弥呼☆☆☆☆

   火力安定性はナタに続く2位と極めて高く

   スキル1で破甲をばらまけるところまではナタに似てる。

   ナタと比べた場合に劣る部分は

   ナタのスキル1が確クリなところ、そしてスキル2で

   ナタは保険として敵が死亡しなかった場合に2回攻撃できるが

   卑弥呼は範囲攻撃を一度だけ。この差は大きい。

   

 4位:毛利元就☆☆☆☆

   低く振れても10000%越えの戦役優秀キャラ

   スキル1とスキル2の流れがとてもきれいで

   スキル1がランダム攻撃なので深めに

   HPが削れる敵が出てきて、その敵に対して

   スキル2のHP低い敵サーチでHP50%より低い場合

   必中の連撃を加えていく。さらに撃殺に成功すれば

   ダメージが倍化していく。

   ただしスキル2は4回攻撃なので

   敵を4体残してしまった場合、1度のミスも許されない


 5位:真田幸村☆☆☆

   低く振れた場合の火力は今回のメンバーで最下位だが

   スキル1で狂乱化できればスキル2が必中&火力が爆上がり

   するので、6位の韓信を抜かす結果に。

   


 6位:韓信☆☆

   幸村と同じく火力面が心もとない。撃砕も付与できるが

   敵1体だけ。スキル2も韓信のHPが敵より低くないと

   強化されないので、戦役向けの挙動じゃない。




■ボス戦ランキング

 1位:最上義光 ☆☆☆☆☆

   血桜によってボス戦でも構わずクリティカル連撃を出す。

   趙公明なんかと組むのがセオリーのボス戦では祝福によって

   序盤で血桜20ターン貯まり、スキル2が火を噴き

   その時のダメージ%はスキル1スキル2合計で2万%を超える。

   虹キャラ全体でもトップクラスのダメージ%をボス相手にぶつけられる。

   文句なしのボス1体相手1位。


 2位:ナタ ☆☆☆☆☆

   ボス1体の火力は最上の方が上だが、ナタの場合は

   ボスが4人の時の掃討スピードが最上をはるかに凌ぐ。

   これは決して最上がボス4人に弱いわけではなく、

   むしろ最上も上位レベルの強さ。ナタが強すぎるだけ。

   これによってボスを早期に1体にできるので、その状況から

   ボスハメの環境を作ったり、こちらのバッファーを守る施策を考えたりと

   今後の4人ボス攻略の幅が一番広がりそうな可能性を秘めているところも

   かなりの評価につながっている。ナタは自前で撃砕を付与できるので

   撃砕枠のキャラを他に登用しなくても良いというコスパてきなメリットもある。


 3位:毛利元就 ☆☆☆☆

   ボスのHPが50%より高いとダメージ倍、

   ボスのHPが50%より低いとクリティカルと

   ボス戦序盤終盤でどちらでもスキル1、スキル2合計で

   合計10000%越えのダメージを出すことができる。

   さらに全虹キャラの中でもパッシブ貫通値No1のダメージメーカー。

   とどめのボスHP50%より低い場合のスキル2必中の安定感。

   趙公明の祝福と合わせてスキル1のダメージ倍にクリティカルを載せて

   殴ることでボス4体の時のダメージも伸ばしていくことが可能。


 4位:卑弥呼☆☆☆

   魂奪がある序盤は10000%近いダメージが出るが

   魂奪が切れてからは3760%のダメージ。

   破甲もボスHP50%より低いと発動しなくなる 


 5位:韓信☆☆★

   合計4200%と、他の副将と比較して低い。

   ボスHP50%より低いと撃砕を乗せられるが、

   後半戦はボスが狂乱化するので、その期間はあまり長くない。


 6位:真田幸村☆☆

   合計3760%と、今回のメンバーで最弱。

   撃殺からの狂乱化ができないのが響いた。




■傾国、群雄、戦姫無双ランキング

 ・攻め部門

  1位:最上義光

   ・単発突破力:☆☆☆☆☆

   ・継続突破力:☆☆☆☆☆

   ・単発守城力:☆☆☆☆

   ・継続守城力:☆☆☆☆

   ・対城門矢塔:☆☆☆☆★

    火力の落ちない筋力値防御無視攻撃。(筋力Lv×240)

    血桜のせいで筋力値が以上に高くなる。(最大で倍化)

    HPの低い相手を狙いとどめを刺すことで

    血桜のターン数が伸び筋力値が上昇し

    会心率も上がるのでデバフがかかっても

    クリティカルが発動しやすい。

    【対策】

     HPが50%より低くなるとスキル1会心率40%補助が

     消えるので反射ダメージでHPを削りたい。


     韓信に有効な守備手段である、主力を4番目に配置して

     6発中3発雑魚キャラに消耗させる作戦は

     最上だと雑魚キャラを倒すことで血桜のターン数が伸びて

     筋力値の伸びと共に防御無視攻撃の威力が上がってしまう。

     廃課金同士の戦いなら、育てていない復活持ちキャラを

     前に3体並べればなんとかなる。


     最終手段はナタの蓮華で受け止める。



  2位:真田幸村

   ・単発突破力:☆☆☆☆★

   ・継続突破力:☆☆☆☆★

   ・単発守城力:☆☆☆☆★

   ・継続守城力:☆☆☆☆

   ・対城門矢塔:☆☆☆☆☆

    最上と同様に筋力値ベースの防御無視連撃。(筋力Lv×220)

    ただし最上ほどの防御無視ポテンシャルは持っていない。

    ただ、攻撃回数が8回と多いので、韓信に有効な守備手段である

    4番目配置の作戦が通用せず、むしろ雑魚キャラを倒して

    狂乱化することで確クリが決まり、火力が最大化してしまう。

    さらに幸村は城での最上対策キャラとして有名な

    嫁公孫サンの開幕援護ですらものともせず、

    剥がしながら殴ることで突破してしまう。

    【対策】

     狂乱化させなければクリティカル発生は会心値頼みなので

     守備デバフをしっかり載せてから、根気値の高いキャラで受け止める。

     (幸村を放った相手よりレベルの高い人に守備してもらうとよりよい)

     根気値の高いキャラは誰か?はい。嫁幸村ですが何か?


     最終手段はナタの蓮華で受け止める。


  3位:韓信

   ・単発突破力:☆☆☆☆★

   ・継続突破力:☆☆☆☆★

   ・単発守城力:☆☆☆☆★

   ・継続守城力:☆☆☆☆

   ・対城門矢塔:☆☆☆☆★

    嫁幸村と同じ筋力値倍率の防御無視攻撃を放てる。(筋力Lv×200)

    かなり長い期間城攻めのトップを走り続けたキャラクター。

    その当時、状態異常耐性の高さでストッパーとして活躍していた

    ウアサハや張飛、孫策を亡き者にして傾国、群雄を氷つかせた。

    韓信の突破力はいかに会心を発動させるかが重要になってくるので

    レベル差マウントや奥義解放で会心値が上がっていることが

    露骨に差が出る城戦では目立ち、強い人の韓信は強いという

    当たり前の結論に達して、多くの放置少女プレイヤーがため息をついた。

    現環境でも幸村、最上に抜かれはするものの当然のようにつよい。


  4位:ナタ

   ・単発突破力:☆☆☆☆

   ・継続突破力:☆☆☆

   ・単発守城力:☆☆☆☆☆

   ・継続守城力:☆☆☆☆

   ・対城門矢塔:☆☆☆☆☆

    基本的に撃砕連撃キャラ、ウアサハと違い

    スキル1で自身のHPが高ければクリティカル、低ければダメ倍と

    火力アップの条件が必ず付く。

    矢塔の封印を食らって敵にやられたとしても

    復活からの状態異常耐性100%からの蓮華による

    致死ダメージ無視は最強レベルの城門突破に最も効果的。




  5位:卑弥呼

   ・単発突破力:☆☆☆☆☆

   ・継続突破力:☆☆☆

   ・単発守城力:☆☆☆

   ・継続守城力:☆

   ・対城門矢塔:☆☆☆★

    卑弥呼も防御無視攻撃ができるキャラクターだが

    基本は破甲付与殴りキャラ。

    状態異常耐性の高い相手には防御無視攻撃に切り替えられるので

    ウアサハや張飛、孫策の突破も得意。

    魂奪は攻撃力ベースの火力アップ手段なのであまり防御無視攻撃が伸びない。

    ランダム攻撃のおかげで敵の雑魚キャラを巻き込んで

    魂奪のターン数を増やしながら殴ることで戦闘中に火力アップできる。

    城門相手は矢塔の封印を食らった場合に復活などの救済措置がないので

    そのまま沈んでしまう。矢塔の虚弱や燃焼も卑弥呼の鬼神の道にとっては致命的。



  6位:毛利元就

   ・単発突破力:☆☆☆★

   ・継続突破力:☆☆☆☆

   ・単発守城力:☆

   ・継続守城力:☆

   ・対城門矢塔:☆☆☆★

    スキル1の推進力が凄まじく反射によって

    死亡しないので反射爆弾で死亡しない。

    戦姫無双のような個人競技で短時間で

    決断に迫られる場面でとりあえず反射爆弾ができないのは

    なかなかにつらい。

    矢塔に封印を食らった場合に耐久力の低い毛利は

    敵の攻撃に耐えられない可能性が高い。

    ただ、8回攻撃は城門にはとても有効。



■闘技場、皇室ランキング

 1位:ナタ

   ほぼ隙のないパラメーター。

   


 2位:真田幸村

   最上ほどではないが、筋力値防御無視攻撃が強い。

   対人ではここにバフはがしの性能がついていることが

   ものすごく大きく、中盤以降で応援出しした場合に

   援護反射や影甲など防御無視攻撃に対応したバフを

   持っているキャラクターを殴らされる場面にも

   しっかりバフはがしをしながら殴っていくことが可能。

   防御無視攻撃にバフはがしがついているので

   最上以上に反射で死亡しづらい。



 3位:毛利元就

   スキル1のダメージ%が高いので

   撃砕や破甲をばらまいておけば

   それだけでノーリスク高火力攻撃が可能。

   スキル1は不死、そしてスキル2はバフ全はがしによって

   援護反射による死亡リスクが極端に低い。

   弱点は耐久力の低さとデバフ。



 4位:最上義光

   筋力値ベースの防御無視攻撃が圧倒的。

   血桜による致死ダメージ無視からの回復も

   デバフ解除+バフ残しができるので

   復活の上位互換の動き。

   対人戦では味方からのバフを残せることが

   ものすごく大きい。

   前衛、中盤、後衛どこにでも配置できる

   柔軟性の高さも高評価。

   ただし高火力防御無視攻撃の反動で

   反射による死亡が怖いところ。

   バフ解除ができないので援護、不可視、残影など

   最上の防御無視攻撃に対する対策は意外とある。

 



 5位:卑弥呼

    自分で破甲をばらまきながら

    破甲が効かない相手には防御無視攻撃ができる。

    先手を取られて死亡した場合も超高火力の

    鬼神の道で相手を道連れにできる。

    耐久力が低いところが一番の欠点。

    デバフも効くので虚弱なんかを付けられると

    鬼神の道の火力も下がってしまう。



 6位:韓信

    筋力値ベースの防御無視攻撃は幸村と同等レベル。

    ただしバフはがしができない。ここが決定的な差。




●最終結果

はい、ということで

「第一回放置少女最強キャラクターは誰だ!?」

優勝は総合得点が一番高かったナタに決定!


最上と僅差の勝利。

ただここまで僅差だと、二人とも一位でもいいかな。仲良くいこう。



結果に対しては賛否両論あると思いますが、

あくまで今回のものさしで計った結果なので

色々な意見、お待ちしています。



●同日別会場で行われた大会について

 ちなみにこの第一回放置少女最強キャラクター選手権の

 別会場で行われていた、

 「六傑メンバー半目スクショ選手権」

 での優勝も見事ナタちゃんが奪っていきました。


ナタちゃん、二冠おめでとう!


それでは、またいつの日かお会いしましょう~





3,029回の閲覧