星熊童子を分析・評価しました!


今回は新しくガチャに

並んだ星熊童子の分析をしていきたいと思います。




●スキル1

 敵6名に680%の攻撃。

 敵を撃殺できなかった場合、

 攻撃後に追加でHP%が最も高い敵1名に

 筋力値6倍の防御無視攻撃。


 実際に挙動を確認してみましたが

 1人ずつ撃殺判定をして防御無視攻撃を撃つのではなく

 6名攻撃してみて一人も死亡しなかった場合に

 1体に防御無視攻撃を撃つだけなので

 これなら撃殺条件なくても良いのでは。

 範囲から条件なしで単騎に防御無視攻撃するキャラいるし。

 

 敵HP50%より高い場合

 このスキル1は確定クリティカルになるので、


 1020%×6名攻撃の

 9倍の防御無視攻撃になる。


 おそらく狙いとしては最初の範囲攻撃で

 HPが高く残る硬い相手、特に撃砕や破甲が

 1人だけつかずにダメージを減らすことに成功した

 状態異常耐性キャラに対して

 防御無視攻撃を狙いやすくしたものだと思われるが

 単騎に9倍の防御無視攻撃はちょっと残念な数字。

 


●スキル2

 敵6名に800~1600%の攻撃。

 自身のHPが低いほど与ダメが増加する。


 攻撃する前、敵筋力に自身の筋力値が勝っていれば

 ダメージ倍になり1600~3200%の攻撃になる。

 なんで反射なんかで死にながら殴った場合に

 最高火力になる感じ。


 総ダメージ60%分を自身にHP回復する。

 


 死にそうな状況で高火力化するので

 反射で死亡しやすい。

 総ダメージ回復なので回復が

 間に合わずに落ちるケース多そう。




●パッシブ

 スキル①:攻撃力44%、根気値Lv×280

 スキル②:最大HP44%、体力値Lv×180

 スキル③:HP%50より低くなった瞬間発動

      デバフを全解除した後

      援護(ダメ減60%、反射120%)

      5ターン

 専属武器:物理防御貫通900、攻撃力18%、筋力Lv×240


 援護って圧倒的格上相手にも一矢報いることができる

 優秀なバフなんですが、このキャラの場合圧倒的格上に

 殴られた場合、援護化するまえの耐久力でダメージ受けて

 援護発動通り越してそのまま死亡してしまう。


 なので弱者としての援護というより

 同等レベルとか強者としての援護を使っていく

 キャラかなと個人的には思う。


 根気値上げてクリティカル出づらくして

 体力値上げて援護でダメージカットしてという流れは

 はかなりしぶといので

 最上の血桜とスキル1に対するささやかな対応策。


 高い耐久力と範囲攻撃キャラ、

 HP高い相手に各クリということで

 前衛向けキャラ。


●一般戦闘

 ・スキル1:680×4名×1.5クリ=4080%

 ・スキル2:800×4名×2倍=6400%

    合計:10480%(+筋力値9倍防御無視)

    命中:Lv×48(筋力Lv×240÷5)

  戦役はスキル1の確定クリティカルもスキル2の

  ダメージ倍も確実に出していけるので火力高い。

  特にクリティカルの方は指輪の伝説神器や私装で

  伸ばしていけるので火力に伸びしろあり。




●ボス戦

 ・スキル1:680~1020%

      (ボスHP50%より低くなるとクリ発動なし)

 ・スキル2:800~1600%×2倍=1600~3200%

    合計:2280~4220%

    命中:Lv×48

 ボス戦の火力はかなり低め。

 スキル2で自HPが減っていれば火力普通くらいになるが

 単騎特化で育てている場合中々星熊童子のHPを低くすることは難しい。




●訓練所

 範囲に対してはまぁまぁ火力でるが

 敵人数が減ってからの追い込みが苦手。

 特に雷鎧や援護なんかで守ってくる相手が

 1体でもいると単騎に対する追い込みが苦手なので

 時間切れで敵の憤怒狂乱化により負けてしまいそう。


 あと、訓練所の中には筋力値が異常に高い

 武蔵とか楽毅とか蒙恬とかがいるので

 その時にスキル2筋力値勝負で負ける可能性あり。

 これは詳しくは最近アップした訓練所敵ステータス調査の

 動画を参考にしてみてください。



●闘技場

 ■獲物

  ●状態異常耐性キャラ

   耐性:張飛、ウアサハ、孫策、オウセン、かぐや姫、王賁、蒙恬、

      徐福、アーサー、ホウ涓、曹丕、鍾会

   狂乱:幸村、荊軻、趙雲、関羽雲長、衛青、李信、上杉謙信、魏延、文鴦

   畜力:今川、ホウ徳、妲己

   神祇:太公望、嫦娥

  状態異常耐性キャラが苦手とする、

  防御無視攻撃と援護による反射の2種類の攻撃手段を持つ。


  ●HP50%以下の相手に能力発揮できないキャラ

   破甲:卑弥呼、半蔵、公孫サン、王賁

   風破:諸葛孔明

   撃砕:大嶽丸

   特に王賁や公孫サンはスキル2の連撃中に

   星熊童子のHPが50%より低くなってしまったら

   破甲が解除されてしまい尚且つそこから

   破甲が付与できなくなる。

   公孫サンはそこからダメ倍に切り替えられるから

   まだましだけど王賁はなすすべ無し。

   

 

  ●会心値に頼ったクリティカル発動キャラ

   根気値が高いのでそれらのキャラのクリティカルの発動を

   抑制することができる。

   ただ最近は最上とか毛利元就とかクリティカル補助ついてる

   キャラがいて根気値の高さだけじゃ対抗しきれない。。


  ●防御無視攻撃連撃キャラ

    最上義光、卑弥呼、韓信、織田信長、孫権、伯邑考

   司馬師のスプラッシュとか卞氏の一撃高火力系の

   防御無視攻撃は援護化前にドカンと食らってしまうので

   こまめに攻撃してくる防御無視攻撃に対応している。





 ■天敵

  ●バフはがしキャラ

   荊軻、ホウ徳、家康、牛若丸、酒呑童子、真田幸村、陸遜、白起

   孫策伯符、秀吉、玉藻前、アテナ、茨木童子、司馬昭、大喬小喬、

   直江兼続、郭嘉、太公望、卑弥呼、ノエル、北条氏康、張宝、西施

   高性能援護を剥がされると一気に死亡率が高くなるのと

   低HPで耐えるのが難しくなって

   スキル2の高火力発動の安定化が崩れてしまう。



  ●高筋力キャラ

   荊軻、卞氏、夏侯覇、滝夜叉姫

   劉邦、衛青、楽毅、蒙恬、星熊童子

   前田慶次、馬岱、呂布奉先、ウアサハ





 ■相乗効果  

  ●影甲付与キャラ

   胡喜媚、蔡文姫、徐福、アーサー、華佗

  特にHPが低い場合に影甲を付与してくれる徐福なんかと組むと

  星熊童子のHPが低い時に影甲がついてスキル2の高火力化の際の

  反射による死亡率を下げてくれる。


  ●流血付与キャラ

   孫堅、文鴦、幸村、伏皇后、程普、馬岱、廉頗、嫦娥、

   郭嘉、楽進、丁奉、半蔵、関平、周倉、レイチェル

   茨木童子、大嶽丸

   星熊童子は援護による反射とHP回復量が多めなので

   流血キャラと組めば反射でもなかなか追い込んでいける。


  ●風破キャラ:馬良、水鏡、西施

   星熊童子の筋力値防御無視攻撃の威力を上げることができる。

 


 ■相殺効果   ●援護付与キャラ:直江兼続、伏皇后、蒙恬

   星熊童子の援護性能より劣る援護の上書きに注意。



闘技場単騎特化適正:☆☆★

  ・耐久度:☆☆☆☆★

  ・バフ解除:☆

  ・デバフ耐性:☆☆★

  ・反射耐性:☆☆

  ・コンボ成立:☆☆☆

  ・格上火力:☆☆

  ・格下火力:☆☆☆

  ・対デバフ無効:☆☆★

  ・1対1:☆☆★

  弱点を補うキャラ:



●育成ポイント

 混沌日月:混沌4日月2→深淵3日月2

      混沌2日月4→深淵1日月4

   強化:武、鎧、腰、副>腰当

 無双神器:武、鎧、腰、副>兜、指

 伝説神器:武、指、腰>副>兜>鎧



●傾国・群雄・戦姫

 攻めではデバフがかかっても火力が落ちない

 筋力値ベースの防御無視攻撃ができるが

 その火力が低めなところが残念。

 スキル1,2共に範囲攻撃のため突破力も低い。

 

 守りに関しては高耐久力の星熊童子は中々頼もしい。

 後手を取ってもHP50%より低くなった時点で

 自動的に全デバフを解除して援護が付くので

 ある程度のパフォーマンスを発揮できる。


 ・戦姫の城門

  範囲攻撃キャラなのであまり突破得意じゃない。

  援護のダメージカット60%と

  スキル2の総ダメージHP吸収60%で

  粘り勝ちも狙いにいけるが、やはりあまり得意とは言えない。




●単騎特化陣営の1人目の副将としてありか?

 見送ります。

 ボス戦の火力不足が一番大きい。



●単騎特化陣営のサポートキャラや準主力としてどうか?

 見送ります。

 サポート機能はほとんどない、

 準主力としての登用に関しても

 このキャラの場合しっかり育成しないと、

 HP50%より低い場合に発動する援護が

 活きなくなってしまうので、あまりよくない。

 



1,629回の閲覧