・攻略情報

  • teketeke

源義経を分析・評価しました!

最終更新: 1月2日

どうも!てけてけです。


今回は新しくガチャに

並んだ源義経の分析をしていきたいと思います。


●スキル1

 HP%が低い敵4名に600%の攻撃。

 敵HPが50%より低い場合ダメージ倍で1200%


 100%の確率で2ターン流血にする。

 ・ミスった場合は流血付与できない。



 攻撃後、自分自身とHP%が最も高い味方1名が

 2ターン援護状態に入り

 受けるダメージ50%減

 ダメージ反射80%増加される。


 直江兼続より1名人数が少なく

 1ターン短い。ここは残念。

 3ターン欲しかった。


 応援出しのフレッシュな雑魚キャラに

 援護が向いてしまう可能性もあり

 副将が揃いきっていない陣営では

 狙いを定めるのが難しそう。


 闘技場上位のほうであれば

 全員強いので誰に援護がついても

 問題ないので基本良い感じだが


 援護キャラに援護をかぶせてしまう可能性があるので

 直江兼続みたいに攻撃力の高さで調整できたほうが

 使いやすかった。





●スキル2

 体力が最も高い味方2名のデバフを全解除。

 自分が眩暈とかの場合は動けないので先送りになる。


 その後味方の

 残りHP%が25%より低い場合

 味方の失われたHPの60%を回復。


 残りHP%が25%より高い場合

 味方の失われたHPの30%を回復。

 さらに味方のバフと特殊状態の

 ターン数を1ターン増加させる。


 バフのターン数はもちろん

 蓮華、血桜、神祇、や無双なんかのターン数も増やせた。

 神祇や蓮華は今のところそれを持ってるキャラが

 ターン数を伸ばす術がないので滅茶苦茶ありがたい。


 ちなみに体力が高いキャラを対象にするとあって

 ここの部分HP%の量と混同する人いるかもしれないが

 HP%の残量ではなく、単純に体力値が高い二人が採用される。

 映像だとHP%が低くなっていて体力の高い太公望と呂布が回復。

 源義経を育てれば体力バカなので義経にいきやすくなる。

 コントロールできる対象設定。



 ・バフターン数増加は味方HP%が25%より高い場合のみ?

  はい。

  HP%が25%より低いとターン数増やしてくれない。

  つまり蓮華状態のナタにはハマりにくい。

  

 回復については最大HP基準の回復だと良かった。。


 そして、回復量算出のタイミングが

 攻撃手前のHP最大回復の後になるので

 自ら回復量を下げてしまう。

 (動画の例ではHP回復してない。)

 


 ただ、これにもメリットがあって

 燃焼ダメージを受けている場合は

 燃焼によって減ったHPを基準に回復量を計算するので

 回復量が増える。


 まぁどちらにせよ、

 最大HP基準の回復の方がありがたい。




 デバフを解除した後のHP回復になるので

 直江兼続と違い味方が流血状態でも回復可能。



 体力の高い味方を対象にするので

 こちらは対象を絞りやすい。


 ただ、そのキャラがピンチとは限らないので

 特殊状態なんかのターン数を延長したいキャラを

 狙っていくのが良さそう。



 ただ、直江兼続は敵のバフを解除するという

 大きな役割があるがこのキャラにはそれがない。



似た性能の伏皇后と直江兼続との細かい比較の

表を載せておきますね。。


●精密比較





【おまけ】

 これによって上杉謙信の挑発のターン数を増やすことで

 ボスハメの弱点である、9ターン目と13ターン目を

 カバーすることができてしまう。

 今のところそのために貴重な一枠を埋める必要はなさそうだけど

 今後156ステージ以降のボスなんかに

 この1ターン増加は何か使えるかもしれないので

 検証続けていきたい。





●パッシブ

 スキル①:攻撃力44%、筋力値200

 スキル②:HP44%、防御力280

 スキル③:体力値Lv×200、防御貫通Lv×10

 専属武器:攻撃力18%、体力Lv×200

      物理貫通900

     



●一般戦闘

 ・スキル1:600×4名=2400%

 ・スキル2:0

    合計:2400%

子供の頃の方が強かった。。

二刀流になったのに。。

・・・弱いです。


●ボス戦

 ・スキル1:600%

 ・スキル2:0

    合計:600%

あの頃の無邪気な牛若丸ちゃんの面影はなく

とてもクールなボス戦のおとなしさ。

・・・弱いです。



●闘技場

 ■獲物

  ●反射キャラ

・気盾:本多忠勝

  ・援護:上杉謙信、韓信、程普、蒙恬、

      孟獲、楽進、華雄、関羽、直江兼続、

      孫堅、周倉、伏皇后、公孫サン、

      真田幸村、星熊童子、源義経

  ・パッシブ:曹仁、孫策、伏皇后、関羽雲長、

        張遼、孫策伯符、曹丕、文鴦、

        徐晃、アテナ、魏延、孫堅、

        公孫サン、服部半蔵、荊軻、関羽

        趙雲、廉頗、白起、董卓、李牧、

        牛若丸、張飛、直江兼続、姜維、Es

  流血による反射キャラのHP調達の阻害ができる。

  このキャラ自身に関しても攻撃をほとんどしないので

  反射による死亡リスクはものすごく低い。


  ●防御無視攻撃キャラ

   ・攻撃力ベース防御無視攻撃キャラ

     S1:姜維、曹彰、項羽、劉邦、雷震子、卑弥呼、沮授

     S2:陸遜、鍾会、

   ・スプラッシュ:張飛、貂蝉、程イク、司馬師、源頼光、

   ・総ダメ防御無視:徐福、趙公明、項羽

   ・ステベース防御無視攻撃キャラ

     S1:卞氏、文鴦、范増、太公望、清姫、伯邑考、韓信、孫権

        最上義光、坂田金時、李信、星熊童子、雑賀孫市

     S2:卞氏、周瑜、織田信長、今川義元

   ・HPベース防御無視攻撃キャラ:孫堅

  援護によるダメージカットと流血と反射による反撃が特攻。


  ●流血付与キャラ

   孫堅、文鴦、幸村、伏皇后、程普、馬岱、廉頗、嫦娥、

   郭嘉、楽進、丁奉、半蔵、関平、周倉、レイチェル

   茨木童子、大嶽丸、沮授、小早川秀秋、趙雲、源義経

  HP回復が阻害される。



 ■天敵

  ●バフはがしキャラ

   荊軻、ホウ徳、家康、牛若丸、酒呑童子、

  真田幸村、陸遜、白起、孫策伯符、秀吉、

 玉藻前、アテナ、茨木童子、司馬昭、大喬小喬

 直江兼続、郭嘉、ナタ、太公望、卑弥呼、

   ノエル、北条氏康、張宝、西施、


  ●状態異常耐性キャラ

   耐性:張飛、ウアサハ、孫策、オウセン、

      かぐや姫、王賁、蒙恬、

      徐福、アーサー、ホウ涓、曹丕、

      鍾会、雑賀孫市、小松姫

   狂乱:幸村、荊軻、趙雲、関羽雲長、衛青、

      李信、上杉謙信、魏延、文鴦

   畜力:今川、ホウ徳、妲己、夏侯淵、

      北条氏康、樊氏

   神祇:太公望、嫦娥,伯邑考

   蓮華:ナタ






 ■相乗効果

  ●バフキャラ・特殊状態全般

   七星:献帝、孔明

   岩鎧:土行孫、献帝

   畜力:今川義元(2巡目のスキル1)

   不可視:霧隠才蔵(スキル2の火力アップ)

   雷霆:雷震子(4ターン以上へ)

   血桜:最上(筋力とクリ率)

   蓮華:ナタ(致死無視が1回増える)

   魂奪:卑弥呼(攻撃力、HP吸収アップ)

   気盾:本多忠勝(3ターンになるだけで大きい)

   神祇:嫦娥、太公望、伯邑考(一度きりで消えてしまう)

   無双:呂布(一度きりで消えてしまう)

   浴火:ホウ統(一度きりで消えてしまう)

  特に1ターンバフキャラは

  眩暈なんかで足止めされるだけで

  コンボが途切れてしまうので嬉しい。