・攻略情報

  • teketeke

蔡文姫を分析・評価しました!


今回は新しくガチャに

並んだ蔡文姫の分析をしていきたいと思います。


●奮起キャラ比較

●耐久面 

 徐福は防御力パッシブを持っているところが大きい。

 謀士の耐久弱い部分を大きく補う。

 防御力と奮起は相乗効果がある。


 知力は蔡文姫、かぐや姫。

 ただし知力は謀士勝手に育っていくので

 ここの差はあまり大きくない。


 蔡文姫は体力300ということで

 高いHPで耐久するタイプ。

 専属武器深淵化したことでかなりパワーアップした。


 かぐや姫は回避で耐久する玄人好みの守り方。

 張宝なんかの残影付与キャラが出てきて

 回避の使い道も増えてきたがまだまだ不安が大きい。


 ただし、かぐや姫と徐福は

 状態異常耐性がついているのが大きい。

 これによって破甲や撃砕などの防御力ダウンの

 デバフを避けることができるのがものすごく大きい。

 徐福が防御面で一番光る。

 謀士のくせに長生き。

 逆に蔡文姫は生身だと一番死にやすい。

 HPはあるが硬さが足りない。


 さらに眩暈や封印なんかの足止めデバフを食らいづらいので

 奮起の安定供給ができる。

 これは味方陣営全体に影響があるので

 最重要項目。


 【まとめ】

 生身の耐久面でいくと

 蔡文姫・・・HPの高さで耐久

 かぐや姫・・・状態異常耐性と回避による耐久

 徐福・・・硬さ重視。


●サポートスキル比較

 ・奮起性能

  蔡文姫だけ攻撃寄りの奮起。ただしその差はわずか。


  徐福の奮起だけ3ターン。ということで途切れるタイミングがあり

  味方陣営全体のことを考えるとこの部分がネックで

  一番奮起の性能は劣ると考えられる。


  しかも徐福はHP回復後にHP%が50%より高くないと

  奮起を付与することができない。

  場に奮起が並ぶ可能性がこの中で一番低いキャラ。ここも奮起としては残念。


 ・影甲

  そのかわり徐福はHP回復後HP%が50%より低いと

  味方に影甲を付与することができる。

  影甲は蔡文姫も付与できるが、その規模は徐福の方が上。

  ターン数も徐福が3ターンで安定。

  ただし蔡文姫は奮起をつけつつ、影甲を展開できるので

  一気に二つバフをつけることができるのが大きい。


  蔡文姫は影甲があることで耐久の防御面の脆さの解決を図るが

  影甲は疑似HPみたいなものなので、根本的な

  硬さの部分は蔡文姫は奮起に頼るしかない。


  影甲が展開できた時の性能は徐福。

  場に頻繁に影甲を展開できるのが蔡文姫。


  かぐや姫もMPパッシブあるが

  影甲は無いので、この部分でMPの無駄になってしまっている。

  赤色の字の部分はその場面で無駄にしてしまっているパラメーター

  

 ・回復

  スキル1の奮起or影甲前にHP回復することができる。

  これによって味方の生存力を一気に引き上げることができる。

  かぐや姫や蔡文姫は瀕死の味方を救済することが難しい。

 

  徐福は会心値が高いので、これが回復に活きる。

  蔡文姫も会心値パッシブがあるが、サポートスキルは

  奮起と影甲だけなので、会心値パッシブがこの場面で無駄になってしまう。


 ・デバフ解除

  かぐや姫の最大のメリットが実はこのデバフ解除。

  闘技場や皇室の対人戦での開幕イニシアチブの握りあいで大活躍する。

  開幕の競り合いに勝つだけで数千万の総戦力値の差も覆せる。


  かぐや姫は状態異常耐性が高いので

  敵の眩暈なんかを受けづらく、デバフ解除の安定発動ができる。

  これによって眩暈になった他のメンバーのデバフを解除しながら

  奮起をつけて耐久、攻撃面をアップすることができる。


  対人では秦王の知力の競争が良くみられるが、

  頑張って秦王の知力を上げてこの競り合いに勝って眩暈にできても

  かぐや姫が解除してしまう。


  徐福も状態異常耐性あるが、デバフ解除がない。

  できたとして味方に対する奮起くらい。

  徐福の特徴であるHP回復は開幕直後は味方HPが

  あまり減っていないのであまり活躍できない。


  であれば蔡文姫のような味方のHPがMAXでも影甲による

  疑似HP付与ができたほうが良いが、蔡文姫は状態異常耐性がない。


●攻撃スキル

 ・ダメージ%

  圧倒的に蔡文姫。

  高知力で会心値パッシブもあり単純に殴りが強い。


  2位がかぐや姫でダメ%は徐福と同じだが

  知力値の高さで徐福よりたかくなる。


 ・MP攻撃

  徐福が一番強い。

  MP攻撃の部分は敵に虚弱を食らっても

  火力が落ちないので、火力の落ちづらい攻撃ができる。

  かぐや姫や徐福は状態異常耐性が高いので

  そもそも虚弱になりづらいが。

  蔡文姫は虚弱に弱い。


 ・貫通値

  貫通においては蔡文姫が敵6名を3ターン破甲ができるので

  これによって普通にスキル2をむかえた場合は圧倒的に蔡文姫が強い。


  ただし敵が状態異常耐性の場合は、破甲は無効化されるので

  頼みになってくるのがそうなってくると徐福は

  貫通値が固定値1000で一番高い。


  しかも総ダメージ20%の防御無視攻撃ができるので

  6名攻撃をしていく中で、一人でも弱い子を巻き込むと

  超高火力の防御無視攻撃を敵の主力に打ち込むことができる。

  一番色々な場面で活躍させることが可能。


  かぐや姫は攻撃面が弱い。





●まとめ

 ・かぐや姫

  リカバリーが一番得。

  安定した奮起の供給と、味方のデバフ解除

  HP回復も少しだけできる。

  1つのミスが命取りになる上位ランカーの戦いで使われる。


 ・徐福

  一番生存力が高い。

  状態異常耐性が高いので奮起の安定供給もできる、

  攻撃面も防御無視攻撃による格上の撃破も狙える。

  格下へのクリティカルマウントも取りやすい。

  ただし、ランカー同士の戦いでは弱い子を巻き込めなくなるので

  中堅プレイヤーまでの活躍。

 

 ・蔡文姫

  防御面は一番脆く状態異常耐性もないので

  サポートの供給が不安定。

  ただし攻撃面がかなり強力。

  破甲は味方の攻撃時の殺傷力も上がるので

  この中で一番攻撃的なサポートができるのが蔡文姫。

  初心者から上級者まで誰でも使うことができる。


●相乗効果

 スキル1で破甲をばらまききれない

 卑弥呼と相性が良い。

 奮起の耐久力と影甲による反射を付与してあげられる。

 攻撃力も少しだけ。



●育成ポイント

 混沌日月:混沌4日月2→深淵3日月2

   強化:武、副、指、鎧、兜>腰

 無双神器:武、鎧、兜>副>腰>指

 伝説神器:武、兜>腰>副>鎧

 高い体力を活かして

 日月のHP%アップを乗せていきたい。


●他のバフキャラとの登用の優先順位。・

 まずは

 ・暴走の胡喜媚

 ・祝福の趙公明

 ・畜力の妲己

 ・鼓舞の劉備

を狙っていくのがセオリー。

一般戦闘なんかの前衛では現環境だとこれ。


ただし蔡文姫はスキル2の破甲が

確実に敵全体にばらまけるので、

例えばスキル2必中で確定クリの上杉謙信を

戦役で使っている場合は趙公明の代わりに

蔡文姫もOKのように思えるが


奮起は畜力、祝福、暴走に比べて

上昇する攻撃力が低く

鼓舞との重ね掛けをするときに

奮起だけ計算方法が違っていてかなり不利になってくる。


  【鼓舞、畜力、暴走にそれぞれ付与した場合】

   奮起:(劉備×1.32×2×1.6+主力×1.32)×1.5×2

   祝福:(劉備×1.5 ×2×1.6+主力   )×1.6×2×1.5


  奮起は重ね掛け時にその効果が()の中に入ってしまい

  火力がいまいち伸びない。


趙公明は上杉謙信と組ませることで

ボス戦のハメ技もできるので総合的に見て

やはり蔡文姫が趙公明の枠を取るのは難しい。



3,638回の閲覧0件のコメント