• teketeke

行動不能系デバフは思っているほど足止めにならない。

放置少女の基本的な攻撃の流れって


スキル1 → スキル2 → 通常攻撃 → 通常攻撃 → スキル1・・・


または


スキル1 → 通常攻撃 → 通常攻撃 → スキル1 → 通常攻撃・・・


という感じでスキルを使い終わったら

必ず2回通常攻撃のターンがあって、

その後またスキル攻撃がくる。


だから、

「眩暈とか凍結とかさせてなるべく

スキルを使わせるターンを遅らせなきゃ!」

って、行動不能系のデバフキャラを

私は最初に集めましたが、


実はこの眩暈とか凍結のデバフは

相手のスキル使用安定して足止めしてくれない。



どういうことかというと、

例えば上の攻撃の流れのケースで

スキル1とスキル2の間で1ターンの

眩暈を相手に与えた場合、


1ターン相手のスキル2の使用を

遅らせることができますよね。


こんな感じに。

スキル1 → 眩暈 → スキル2 → 通常攻撃 → 通常攻撃 → スキル1・・・


これはしっかり足止めができてます。


しかし例えば、

スキル2を使用し終わった相手に

眩暈を付与した場合どうなるかというと


眩暈をくらった相手は、

次回の通常攻撃が打てなくなります。


で、そこから次の2ターンで通常攻撃が

2回続くのかというとそんなことはなく

1回通常攻撃をした次のターンはスキル1を

使ってくるんですね。


こんな感じに。

スキル1 → スキル2 → 眩暈 → 通常攻撃 → スキル1・・・・


通常攻撃を眩暈で止めても

しっかり通常攻撃1回分は消化されて

次のスキル1のタイミング迫ってくるわけです。


だから自分の副将がスキル2に眩暈1ターン付与とか

書かれていたら、少し注意が必要です。


上記の例のような場合に、

相手の通常攻撃を1ターンくらわなくなるだけで

最大限に眩暈の享受を受けられない可能性があります。


ここら辺は李典のキャラ解説の記事

分かりやすいと思うので

興味があったら読んでみてくださいね!



581回の閲覧