• teketeke

魏延(URアバター閃を分析・評価しました!)






●スキル1

 HPが低い相手1体に1000%の攻撃

 その後、攻撃力の高い相手に1000%の攻撃。

 さらに暴走が乗るので

 それぞれ2200%の攻撃になり、4400%のダメージを

 相手にぶつけられる。


 パッシブ3の狂乱の条件を満たしていれば、

 会心が確実に発動するので、4400%がさらに

 6600%になる。恐ろしい火力。


 4ターンの暴走は魏延が足止めされても

 スキル2のダメージが下がらないように。

 ウアサハとかだったら2ターンが良いけど魏延は4ターンで良い。


 ・暴走状態で防御無視攻撃を受けたら・・・

  →防御無視ダメージを他のキャラより多く受けてしまう。

   防御力が下がったのではなく

   受けるダメージが伸びたのでダメージ増えてしまう。


 ・暴走状態で反射ダメージを受けたら・・・

  →反射ダメージは変わらない。(通常と同じダメージ)


 ・暴走状態で燃焼ダメージを受けたら・・・

  →燃焼ダメージは変わらない。(初撃の半分のダメージ)

   ただし、燃焼付与時の攻撃のダメージは20%増えるけど、

   その後の燃焼の計算に使われるダメージは20%増加前のものが使われる。






●スキル2

 600〜1200%の4回攻撃。

 検証できていないがおそらく、HPが0の時に1200%

 HPがMAXの時に600%のダメージで、そこから

 割合でダメージ%が変化していく。


 仮にHPが半分になって狂乱状態に入った場合、

 900%の4回攻撃に暴走とクリティカルが乗って、

 2970%の4回攻撃になる。つまり11800%の威力。

 HPがさらに減れば威力はどんどん上がっていく。

 また指輪の伝説神器をあげれば会心ダメが伸びるので

 このダメージ%はさらに成長させられる。


 恐ろしすぎる火力。



 パッシブの反射と相性の良いHP80%回復

 弱点であった流血も狂乱によってなくなった。

 


●パッシブ3

 デバフ解除+狂乱で、暴走キャラが苦手としている

 下記弱点を克服した。

  ・撃砕、破甲:暴走のせいで余計にダメージ伸びちゃう。

  ・流血:暴走キャラのスキル2回復を邪魔する


 そして狂乱キャラを押し切るための敵のクリティカル攻撃も

 根気値の高さで抑えている。



●一般戦闘

 スキル1:1000×2.2×2回=4400%

 スキル2:600×2.2×4回=5280%

 合計:4400%+5280%=9680%

 一般戦闘では魏延をしっかり育てて戦うと

 狂乱状態にすることは難しいのでダメージの伸びは上記のとおり。


 しかし、それでも10000%近くのダメージを出すことができる。


 筋力Lv×140=命中Lv×28

 くらいの命中の増加はあるが

 命中の育成は必要。




●ボス戦

 スキル1:1000×2.2×2回=4400%

 スキル2:600×2.2×4回=5280%

 合計:4400%+5280%=9680%

 魏延の大きなメリットはボス戦でも火力が落ちないところ。

 そして9680%は上位群のダメージ規模。

 HPが減っていけば10000%も超えていく。


 それどころかボス戦では狂乱状態になる可能性も十分にあり、

 その場合の火力規模は

 スキル1:1000×2.2×1.5×2回=6600%

 スキル2:900×2.2×1.5×4回=11880%(HP50%と仮定)

 合計:6600%+11880%=18480%


 となり、ボス戦でトップクラスの

 ダメージを一人で叩き出すことができる。


 減ったHPもスキル2の攻撃時に全回復を狙っていける。

 長期戦も可能。


 ただし命中のみ不安が残る。

 



●訓練所

 暴走状態になると受けるダメージが20%増えてしまうので

 敵の波状攻撃に耐えられるかどうかが一番の心配どころ。


 そこを過ぎればスキル2の回復でほぼ全快できてしまうだろうし

 安定運用できるようになる。


 火力は十分だし、HPの低い敵を狙ってくれるところも

 訓練所ではありがたい挙動。(敵に人数を減らすことが最大の防御)





●闘技場

 闘技場でも火力、回復力、反射力ともに高く、

 同等戦力の武将同士のタイマンでも削り勝つことができるキャラになりそう。



 ■獲物

  ・同等レベルの謀士、弓将全般

   魏延の火力を耐えきるのは難しい。

   与えたダメージもスキル2で回復されてしまう。


  ・格下武将

   高火力からの回復、反射のせいで

   格下の武将ではタイマンで魏延に殴り勝つことはかなり難しい。

   

   


 ■天敵

  ・バフ奪いキャラ

   家康、董卓、牛若丸

   無条件で暴走になれるので、

   逆にいうととても奪いやすい4ターン続くところも

   奪うタイミングが常にあるということ。


  ・反射キャラ

   暴走でダメージを受けやすい上に

   スキル1、スキル2共に火力が高いので

   反射のダメージで沈められてしまう可能性も。

   遁甲で格下に沈められてしまう可能性も。


  ・影甲キャラ

   魏延は暴走で多くダメージを受ける分、スキル2の回復が重要になってくるが

   影甲キャラを殴った場合ダメージが出ないので

   スキル2回復量が一気に減ることになる。



  ・防御無視連続攻撃

   韓信、信長

   暴走状態の魏延は防御無視攻撃のダメージも伸びてしまう。

   韓信や信長の防御無視連続攻撃はかなり痛い。




 ■相乗効果

  ・撃砕、破甲キャラ

   撃砕、破壊甲羅をつけることで格上でも殴り倒していくことが可能になる。   

 

  ・氷鎧付与キャラ

   謀士主将、雪女、陳宮

   魏延はHP50%を切ったところから本領発揮するが、

   その後、自身の攻撃順番までの間に死亡してしまう可能性もある。

   氷鎧をつけておくことで、防御力を上げつつ、

   相手を足止めして手番を獲得することがとても重要になってくる。


  ・援護付与キャラ:直江兼続、蒙恬

   魏延は反射が高くHPの調達も自身でできるので

   援護をつけることで反射キャラとしても活躍できる。

   援護でダメージカットすることで狂乱後すぐの死亡リスクも下げられる。





 ■相殺効果

  ・暴走付与キャラ:曹植

   曹植の暴走の倍率は魏延よりも低いので、曹植に暴走を付与されてしまうと

   自慢の火力が下がってしまう。




●格上相手

  魏延に関しては検証できていないが

  狂乱化すると攻撃が必中になる。そして魏延の場合クリ100%も発動。


  つまりレベル差による攻撃面のデメリットが一気になくなる。

  格上と戦う時狂乱になれることは大きなメリット。


  根気値も上がるのでレベル差による理不尽な会心ダメージを

  避けやすくなっているのも、格上相手には有効。



●育成で苦労するところ

  命中の強化で苦労する。

  会心ダメージを上げるために指輪の伝説神器を育てたいところ。



●単騎特化陣営の最初の副将として登用するか?

 登用します。


 ボス戦、一般戦闘、訓練所共に高火力がだせるのと、

 闘技場でも自身でHP回復、狂乱化によるデバフ解除など

 一人で器用に立ち回ることができる。


 ピンチになった時の火力は

 格上でも追い詰めることを狙っていける。



●単騎特化陣営の二人目の副将として登用するか?

 条件付きで登用します。


 特に一人目の副将が一般戦闘、ボス戦が苦手で

 武将だった場合には単騎特化する副将を入れ替えることも

 視野に入れつつ交換するかも。


 






3,329回の閲覧