Es(UR閃)を分析・評価しました!

どうも!てけてけです。

今回はEsが新しくガチャに

並んだので、その評価をしていきたいと思います。



●スキル1

 敵6名に600%の攻撃。

 その後HP%の低い敵1名に1800%の攻撃を追加。

 

 敵を撃殺した場合スキル終了後に2ターン狂乱状態になる。

 狂乱は敵を撃殺したタイミングではなくて攻撃完了後

 なのでスキルに関しては高火力化しない。


 追い打ちのHP低い相手に1800%があるので

 撃殺しやすい挙動ではある。



●スキル2

 敵6名に600%の攻撃。

 その後HP%の高い敵1名に1800%の攻撃を追加。


 スキル1で狂乱状態になっていた場合、

 この攻撃が必中になり確定クリティカルになる。


 クリティカルの場合はパッシブで得られる

 物理会心ダメージ36%がデフォルトの150%に

 乗っかって

 600%→1116%

 1800%→3348%

 まで火力が上がる。


 総ダメージの30%を回復


●一般戦闘

 【狂乱化できなかった場合】

  ・スキル1:600%×4名+1800%=4200%

  ・スキル2:600%×4名+1800%=4200%

     合計:8400%

     命中:なし

 

 【狂乱化できた場合】

  ・スキル1:600%×4名+1800%=4200%

  ・スキル2:1116%×3名+3348%=6696%(必中)

     合計:10896%

     命中:なし


 となり、10000%越えの火力になる。

 最近では10000%越えの火力のキャラが

 当たり前のように出てきているので少し物足りなさを感じるが

 一般戦闘はまずまずといったところ。


 クリティカル攻撃の部分のダメージは指輪の伝説神器の

 レベルアップで育てられるのでスキル2ダメージは伸びしろあり。

 スキル1でHPが低い相手を狙うので

 いかにして敵1体のHPをへこますかが重要。


 そこに成功すればスキル2は必中化するので

 なかなか優秀な立ち回りができる。




●ボス戦

 ・スキル1:600%+1800%=2400%

 ・スキル2:600%+1800%=2400%

    合計:4800%

    命中:なし

 ボス戦では狂乱化できない。

 ダメージ%に関してはまぁまぁ。



●訓練所

 攻撃面、防御面共に訓練所にはかなり向いている。

 戦いの中盤で敵を撃殺することで狂乱化しながら

 ダメージを伸ばしていける。



●闘技場

 ■獲物

  ●単騎特化陣営

   単騎特化陣営では構造上あまり育てられないキャラが

   多く陣営に並ぶのでスキル1の狂乱化が容易に達成でき

   Esの高火力化と状態異常耐性が上がり猛威を振るう


  ●デバフ攻撃キャラ全般

   狂乱状態に入ることでデバフを一切受け付けなくなる。


  ●残影キャラ

   司馬昭、孫権、徐晃

   狂乱化できればスキル2が必中になるので

   残影キャラにも攻撃を当てられる。


 ■天敵

  ●鼓舞キャラ:劉備

   自身の高い防御力の一部を味方にパスできる劉備がいると

   Esのスキル1で落とすのが一気に難しくなる。


  ●反射キャラ

   ・援護:上杉謙信、韓信、程普、蒙恬、孟獲、楽進、

       関羽、直江兼続、 孫堅、周倉、伏皇后

   ・パッシブ:曹仁、孫策、伏皇后、関羽雲長、張遼、

         孫策伯符、曹丕、文鴦、徐晃、アテナ

         魏延、孫堅、公孫サン、服部半蔵

         荊軻、関羽、趙雲、廉頗、白起、董卓、

         李牧、牛若丸、張飛、直江兼続、姜維、Es

   狂乱状態に入って高火力化した時に一番怖いのが

   反射による死亡。これは同じ狂乱キャラの真田幸村を

   使っているので痛いほどわかる。

  




 ■相乗効果

  ●援護付与キャラ:直江兼続、伏皇后、蒙恬

   このキャラクターは反射パッシブ30%持っているのと

   防御力や体力のパッシブがあり援護を付与してあげることで

   孟獲みたいな長期生存型の反射キャラのような動きもしてくれる。

 


闘技場単騎特化適正:☆☆☆

  ・耐久度:☆☆☆☆

  ・バフ解除:☆

  ・デバフ耐性:☆☆☆(2ターン)

  ・反射耐性:☆

  ・コンボ成立:☆☆☆★

  ・格上火力:☆☆☆★

  ・格下火力:☆☆☆☆

  ・対デバフ無効:☆☆☆★(反射とクリ)

  ・1対1:☆☆★(反射)

  弱点を補うキャラ:

   ・バフ解除:荊軻、ホウ徳、曹丕、アテナ、白起

         牛若丸、酒呑童子、家康、幸村、

         陸遜、茨木童子、秀吉、ノエル、

         司馬昭、兼続、太公望、卑弥呼、二喬

   ・反射耐性:胡喜媚、徐福、アーサー、華佗、蔡文姫

 ちなみに似た動きをする王賁の

 闘技場単騎特化適正は・・・

 ■王賁:☆☆☆

 ・耐久度:☆☆☆

  ・バフ解除:☆

  ・デバフ耐性:☆☆☆☆

  ・反射耐性:☆☆

  ・コンボ成立:☆☆☆★

  ・格上火力:☆☆☆☆

  ・格下火力:☆☆☆☆

  ・対デバフ無効:☆☆☆

  ・1対1:☆☆☆☆

同じ☆☆☆だが若干王賁の方が合計で優る。

しかし、最近ではスキル1の暴走が胡喜媚で

付与可能になり、スキル2の破甲の動きも

趙公明が代替してくれるので

ここら辺のサポート副将が増えてくると

将来的にはEsが巻き返してくるイメージ。


ただ王賁の方が状態異常耐性がついているので

前衛に置きやすく開幕撃殺条件の達成を安心して狙える。

ここら辺の扱いがEsは難しそう。



●育成ポイント

   強化:武器、副、鎧、腰当>兜>>>指輪

 無双神器:武器、副>腰当、指輪>>鎧、兜

 伝説神器:武器、指輪>>副、腰当、兜>>>鎧

   宝石:攻撃側(筋力、物貫、最大、命中>>>会心、最小)

      防御側(HP、体力、法防>物防>根気>回避)   


●傾国・群雄・戦姫

 攻めはまぁまぁ強い。

 弱い子も含めた複数守備の相手を狙って

 確実に狂乱化しておきたい。


 ・戦姫の城門

  追加攻撃が高火力の一撃なので

  城門のダメージ制限によってダメージを伸ばしきれない。

  ここは王賁やホウ統のように追加攻撃の部分が

  連撃だった方がありがたかった。





●単騎特化陣営の1人目の副将としてありか?

 本当にギリギリ見送り。

 戦役、ボス、闘技場のどれもトップレベルではないが

 一定基準のパフォーマンスは期待できるが

 単騎なら王賁の方がパフォーマンスが良さそう。


 胡喜媚や趙公明、兼続などのサポート定番キャラとの

 相性も良いのでここら辺と組めば

 闘技場50位以内を狙いにいけそうだが

 無課金だとEs1人の期間が長すぎて辛い。

 


 微課金でも目標としている20位以内は

 狂乱のターン数の問題と、自身でスキル2までで

 敵の弱い子を一掃してしまう動きで首が締まりそう。



●単騎特化陣営のサポートキャラや準主力としてどうか?

 見送ります。

 このキャラ自体にサポート機能が備わっていない。

 準主力として使うなら、直江兼続がすでにいる状態なら

 ギリギリあり。それでも他のバフキャラ、デバフキャラを

 まずは優先して探した方が良い。








1,841回の閲覧