• teketeke

SSRホウ統(謀士)のスキルと評価

最終更新: 2019年3月6日

放置少女の副将キャラホウ統のスキルと評価を

個人的に考察してみました。


ホウ統を使った戦略やおすすめできる点、

弱点などを私の視点で勝手に評価します。



●SSRホウ統のアクティブスキル

 ・スキル1

  360%ダメージ、燃焼

  対象:敵3名

  持続:2ターン


 ・スキル2

  360%ダメージ、燃焼状態なら2倍のダメージ

  対象:敵3名

  持続:2ターン


●SSRホウ統のパッシブスキル

 ・スキル1

  攻撃力 24%増加

  会心値 Lv×120増加

  対象:自分


 ・スキル2

  最大HP 26%増加

  命中値 Lv×120増加

  対象:自分


●専属武器(最大まで育てた場合)

 ・攻撃力+14%

 ・HP吸収+8%

 ・防御貫通+600



SSRホウ統の良いところ

 ●燃焼の付与100%

 燃焼は与えたダメージの半分を

 ターンごとに与えていくので


 2ターン燃焼を付与できるということは、

 燃焼50%ダメージが2回で、最撃ダメージを

 2倍与えているのと変わらない。


 結果ホウ統のスキル2を待たずしても

 スキル1で相当なダメージを与えたことになる。

 

 しかも燃焼の厄介なところは

 攻撃前にダメージが発生するというところ。


 燃焼デバフを食らった相手のターンがきて

 いざ攻撃しようとした瞬間に燃焼のダメージで死亡して

 攻撃できずに終わるというケースがよく見られる。


 最初から2倍のダメージを与えて倒してしまうより

 わざわざ生かしておいて、燃焼で死亡させることで

 本来その枠に応援で入るはずだった副将の出番が遅れる。


 このように

 相手のペースを大きく乱すことができるのが

 燃焼の魅力だと私は思います。

 

 この燃焼を100%の確率で付与できるホウ統は

 火力を上げていけば闘技場などで

 かなり相手を困らせることができます。



SSRホウ統の悪いところ

 ●燃焼デバフを解除されたら一気にうまみが消える。

 ホウ統は燃焼による遅行ダメージのうまみと、

 スキル2の倍ダメージが魅力的なキャラなので、


 大喬小喬などのデバフ解除スキルで

 燃焼が消されてしまたったり、


 張飛や孫策などのデバフが効かない相手には

 ものすごく平凡なキャラになってしまう。


 ●燃焼で死亡を遅らせることは攻撃の機会を与えることでもある

 燃焼はあくまでダメージを遅らせて与えるだけなので

 相手が燃焼によって死亡しなければ、

 当たり前ですが攻撃してきます。


 燃焼で死亡するパターンはよく見られますが、

 毎回それを期待してはいけません。


 自分や相手の陣営のタイプにもよりますが

 最初から火力の高いキャラで倒してしまった方が

 よいケースのほうが多い気がします。


ホウ統をどう使うか

 ホウ統の悪いところとして

 敵の攻撃の機会を与えてしまうという

 ところを上げました。


 それを補うのにぴったりなのが徐庶です。

 

 徐庶はアクティブスキル2で燃焼状態の相手を

 100%の確率で眩暈にできてしまうので

 燃焼の1ターン目で相手が死亡しなくても

 2ターン目まで攻撃を受けずに引っ張れます。


 徐庶単独だと燃焼確率が50%なので、

 うまくその部分をホウ統が補う形になります。




244回の閲覧