• teketeke

ステージ33のボスを撃破しました!(無課金謀士編)

どうも!teketekeです。


今回は無課金謀士編で

ステージ33のボスを撃破したので

その考察記事です。


【ステージ33】

ボス名:蔡陽(さいよう)

ボスHP:2553478

経験値:3875

銅貨:15500



【陣営】[]の中は戦力値

・主将(謀士)Lv.67 [108280]

・馬良 [129183]

・文鴦 [68763]

・張星彩 [47058]

・夏侯淵 [40005]

・歩練師 [66929]

・援)魯粛







無課金謀士アカの

主なアタッカーは馬良です。


無課金編と微課金編での基本戦略は

副将1体の単騎特化なので


他の副将を育てない代わりに

単騎特化する副将の武器強化は

全てレベルと同じだけ鍛えます。


馬良はSSRの中では優秀な副将ではありませんが

スキル1でMPの値を利用した攻撃ができるので

書と指輪を強化したことを活かすことができます。


これは単騎特化ですべての武器のレベルを

上げられる余裕があるからできることですね。



無課金謀士編は将来的に

策士の虹を登用して一気に育てていくので

そのつなぎに馬良を使っているというのもあります。


なので馬良には育成を使っていません。

訓練レベルも0のままです。


それでもアタッカーとして十分に活躍してくれました。



ただし、MP依存の攻撃なので

今のMP値では後半でMPが半分くらいになってしまい

ダメージもそれに合わせて減っていってしまうのが

一つ難点ですね。。


レベルが上がっていけば自然と解決する問題ですが

無課金弓将編の文鴦みたいにパリッと倒してくれないのが

ちょっとしたストレスではあります。



他の副将の活躍としては

・主将の氷甲術・大火龍術で相手の動きを止める

 特に氷甲術は味方の防御力も上げてくれるので

 生存率を高めながら相手を御することができるので便利です。


・文鴦の安心感

 文鴦は七夕の詩でクエストを達成するために少し育てたのと

 そもそも登用時の育成ステータスが他の副将に比べて高いので

 メインで育てていなくても序盤ではある程度の立ち回りをしてくれる

 頼もしいお姉さんです。

 

・歩練師の連撃

 歩練師は全く育てていませんが、

 スキル1の連撃が地味にダメージを重ねてくれます。

 封印は現在のボスがスキルを使ってこないので特に意味がありません。


張星彩の回復は

もはや気休めにもなっていませんね。


魯粛も策士で柔らかいので、

物理攻撃を食らい、そっこうで死亡しています。


夏侯淵さんは気が付いたらいなくなっていましたw



ボス戦を終えて・・・

主将のMPが途中で切れてしまっているので

スキルの数を減らしてMP消費を抑えるか

MP値を育てていくか検討していく必要がありそうですね。




229回の閲覧