• teketeke

傾城・群雄の小技その①

最終更新: 2019年7月9日

どうも!teketekeです。


今回から傾城・群雄で使える

ちょっとした小技を紹介していきたいと思います。


【注意】

2019年7月のメンテで

名前変更がリアルタイムで反映されなくなったので

この記事で紹介している小技は使えなくなりました。




といっても名前の通り小技なので

大したことないようなものが多いですが

だからこそ、その小技が決まった時は嬉しいものです。



はい、ということで

最初の傾城・群雄の小技は



傾城・群雄中の『名前変更』です。



傾城や群雄中に名前を変えると

次回の駐屯か攻城のタイミングまでそれが維持されることを

利用した小技です。



これは特に有名な警戒されているような

有名なプレイヤーの方がやると効果的で



例えば、Aさんがものすごく強くて

対戦相手がAさん対策を守城で講じていたとします。


そんな時に、まずはAさんの名前のまま

雑魚キャラで何度か攻める姿勢を見せます。

これによって相手にAさんの名前を印象付けます。



その後、ここぞという時に

名前をBさんに変えて主力で攻城します。



そうすると相手としては

「なんか強いの来たけど誰だ?」

「本来Aさんに使うべき守備の並びをこのBさんに使ってよいものか・・」

と一瞬混乱させることができます。



もちろん、相手がAさんを意識していなかったり

プレイヤーによって守備を変えるのではなく、

攻めてくる副将のキャラクターによって守備を変えるという

やり方を徹底しているのであれば、この小技は完全に失敗に終わります。



そして、この小技の最大のデメリットが

名前を変えるために300元宝失うことです。


なのでお財布に余裕があり、

なおかつ名前が知られていて警戒されている方がいる

同盟でしかあまりうまみのない小技となります。


基本的に格上同盟がやる技なので

小細工する必要もないことが多いだろうし。



あと傾城でやるとワールドチャットに

名前変更のシステムメッセージが流れるので

それでばれてしまう可能性があるので

どちらかというと群雄向けの小技になります。



この方法を利用した別の攻め方・守り方など

もし何か思いついたり実績をお持ちの方がいましたら

コメントで情報共有していただけると嬉しいです^^



【注意】

名前変更のタイミング等、システムの変更により

状況が変わる可能性は常にあるので、元宝を使う際には

自己責任でお願いいたします。



3,809回の閲覧