・攻略情報

卑弥呼を分析・評価しました!【2021年版】



今回は最新のアップデートで副将ガチャに並んだ

卑弥呼の分析をしていきたいと思います。




●スキル1

 ランダムに500%の6回攻撃。

 合計3000%のダメージ。


 出陣時魂奪4ターンから始められるので

 2.2倍されて6600%が平常運転のダメ。

 この時点で強い。


 さらに敵HPが50%より高い場合

 2ターンの破甲を付与して

 防御力を80%下げる。


 ・破甲はミスっても付与可能


 敵が破甲状態じゃない場合

 卑弥呼の攻撃力20%分の防御無視攻撃。

 6回攻撃全て防御無視攻撃の場合

 120%の倍率になり、魂奪4ターンだと

 264%の防御無視攻撃が飛んでいく。


 単騎に対する

 攻撃力ベース防御無視攻撃キャラ

 ランキング余裕の一位の火力の持ち主。

 

 火力の推移としては

 


 【魂奪ターン数と1発の火力】

  0ターン:500

  1ターン:500×1.3=650%

  2ターン:500×1.6=800%

  3ターン:500×1.9=9500%

  4ターン:500×2.2=1100%

  5ターン:500×2.5=1250%

  6ターン:500×2.8=1400%

  7ターン:500×3.1=1550%

  8ターン:500×3.4=1700%

  9ターン:500×3.7=1850%

  10ターン:500×4.0=2000%


 【魂奪ターン数と合計火力(6発)】

  0ターン:500×6=3000%

  1ターン:500×1.3×6=3900%

  2ターン:500×1.6×6=4800%

  3ターン:500×1.9×6=5700%

  4ターン:500×2.2×6=6600%

  5ターン:500×2.5×6=7500%

  6ターン:500×2.8×6=8400%

  7ターン:500×3.1×6=9300%

  8ターン:500×3.4×6=10200%

  9ターン:500×3.7×6=11100%

  10ターン:500×4.0×6=12000%



 




●スキル2

 敵6名に760%の攻撃。


 【魂奪ターン数と火力】

  0ターン:760

  1ターン:720×1.3=936%

  2ターン:720×1.6=1152%

  3ターン:720×1.9=1368%

  4ターン:720×2.2=1584%

  5ターン:720×2.5=1800%

  6ターン:720×2.8=2016%

  7ターン:720×3.1=2232%

  8ターン:720×3.4=2448%

  9ターン:720×3.7=2664%

  10ターン:720×4.0=2880%



 さらに攻撃する前敵HP50%より高い場合

 バフを一つ解除。


 敵が破甲状態だった場合

 ダメージが倍になり

 上記ダメージ幅760~2880%が

 1520~5760%に進化する。


 敵6名にバフを剥がしながら5760%

 が狙えるのはナタ(5320%)くらい。

 しかもこの火力が出る時には破甲付与にも

 成功しているのでナタと同等の

 スキル2トップクラスの

 範囲攻撃キャラに進化する。


 因みにダメージ%でトップは本多忠勝の

 スキル2の12800%。

 

 でも実際はバフが剥がせたり撃砕・破甲が

 付与できる、ナタ卑弥呼の方が

 火力が高くなる。というかみんな化け物。


 卑弥呼は法術攻撃というところが

 武将全盛期の現環境にもろにささるので

 個人的には卑弥呼というキャラ自体が

 ものすごく希少価値が高く感じる。




●パッシブ

 スキル①:攻撃力46%、法術貫通900

 スキル②:HP46%、体力値Lv×180

 スキル③:

 専属武器:防御貫通1000、攻撃力18%

      命中値Lv×260


 卑弥呼はパッシブ3で

 出陣時4ターンの魂奪状態になる。


 魂奪ターン数が1ターン増えるごとに

 攻撃力が30%増加して、

 HP吸収が20%増加する。


 卑弥呼が場にいる状態で

 敵味方どちらが戦闘不能になっても

 1体につき魂奪のターン数が1ターン増える

 戦姫無双の城門を撃破しても1ターン増える

 このことから城門にも魂があることが分かる



 火力が爆上がりして

 HP吸収でHPも確保できる

 チート級の攻撃が可能なキャラ。



 【魂奪ターン数と攻撃力上昇】

  1ターン:30%

  2ターン:60%

  3ターン:90%

  4ターン:120%

  5ターン:150%

  6ターン:180%

  7ターン:210%

  8ターン:240%

  9ターン:270%

  10ターン:300%


     

 【魂奪ターン数とHP吸収】

  1ターン:20%

  2ターン:40%

  3ターン:60%

  4ターン:80%

  5ターン:100%

  6ターン:120%

  7ターン:140%

  8ターン:160%

  9ターン:180%

  10ターン:200%


 さらに、魂奪状態で死亡した場合

 撃殺者に卑弥呼の攻撃力150%分の

 防御無視ダメージをぶつける。

 

 これが強すぎる。

 数千万のダメージを防御無視で狙える。


 【鬼神の道、死亡時反撃の特徴】


  ・影甲を無視する。

  ・援護を無視する。

  ・祝福を無視する。

  ・鼓舞や暴走などのバフ状態で死亡すると

   その火力を乗せて攻撃できる。

  ・虚弱によって火力を下げられてしまう。

  ・風破のキャラに飛んでもダメージ伸びない

  ・卑弥呼が反射で死亡した場合

   鬼神の道は発動する。

   その際相打ちになってた場合は

   その次攻撃するキャラに鬼神の道が

   飛んでいく。

  ・毛利元就のスキル1不死連撃は

   卑弥呼の鬼神の道で撃殺できない。

   おそらく、浅井長政や小松姫も


  ・VS本多忠勝(気盾)

   卑弥呼を気盾反射ダメージで撃殺

   →卑弥呼の鬼神の道ダメージを

    気盾で60%カット

    →その60%を敵陣に気盾で反射

   援護すら無視する卑弥呼の鬼神の道を

   ダメージカットできるのはずるい。


  ・VS程普(天然ボケ)

   卑弥呼が程普撃殺

    →程普が復活しながら天然ボケ発動で

     卑弥呼撃殺

      →卑弥呼の鬼神の道で程普撃殺



●一般戦闘

 ・スキル1:500×6回×2.2魂奪

       =6600%+破甲

 ・スキル2:720×4名×2.2魂奪

       (×2倍)

       =6336~12672%

    合計:12936~19272%

    命中:Lv×240


 破甲を付与しながらこの火力はおかしい.

 ただしスキル1ランダム連撃からの

 スキル2は範囲攻撃はあまり戦役向けの

 挙動ではない。


 とはいうものの数ある虹副将の中では

 戦役十分に強いキャラだと言える。




●ボス戦

 ・スキル1:500%×6回=3000%

 ・スキル2:760%(×2倍)