敵を10000回殴って会心率調べた結果。

どうも!てけてけです。


今回は会心発生率の調査ですね!

クリティカルは会心率によって

その発生が定義されていますが、


実際にはそこに、敵の根気値や

レベル差補正による会心の抑制や助長効果が

加わるので、単純に会心率の数値だけを見て

評価するのが難しいんですね。


そんな時私にやれることは1つだけ。


たくさん殴ってそれっぽいデータを集める!



頭で考えて分からないんだから

実際に殴ってみるしかないでしょという

脳筋分析をしていきましょう!




【結果】

はい、結果としては下の表のような感じでした。

会心率55%~75%に幸村を調整しながら

レベル差0~30の敵をそれぞれ100回ずつ殴った結果

以前命中の検証をしたときは

命中率を75%まで育てれば

レベル差15くらいの敵でほぼ必中になりましたが、


会心率に関しては75%まで育てて

レベル差15でやっとクリティカル出始めるという感じですね。

絶望的に伸びしろがない。。


一方で趙公明の祝福を付与すると

一気に会心発生するようになる模様。。


これは戦役やボスのために会心値育てる気なくなっちゃう。


以前の検証で最上などのスキルによる会心率50%増に

趙公明の祝福50%増を乗せると、

ほぼほぼ確定クリティカルになった(厳密にはノーマルも出ましたが)

ことからも、会心値でクリティカル狙うより

素直に会心率補助キャラに頼った方が良さそうですね。


そういう意味で

今後期待したいのは献帝の虹化ですね。


献帝の七星による会心率アップと

趙公明の祝福による会心率アップを重ねれば

最上のようなスキルによる会心率アップの補助が無いキャラも


戦役やボス戦で会心のオンパレード状態に

することが期待できそうです。


妲己あたりが、外されて

そこに献帝が入ってくる時代が来そうだなぁ

と、哀愁を感じていた秋の夜長でした。