文鴦(URアバター閃)を分析・評価しました!

最終更新: 5月30日

どうも!てけてけです。

今回は文鴦が新しくガチャに

並んだので、その評価をしていきたいと思います。









●スキル1

HP%が高い敵4名に600%攻撃。

敵のHP%が50%より高いとダメージ倍で1200%。

自分が狂乱状態の場合このスキルは必ずクリティカルになるので

さらに1.9倍されて2280%。

ちゃんとスキル2の狂乱はここまで残るのでご安心を。

狂乱状態の場合さらに筋力値2倍の防御無視攻撃追加。

クリティカル乗るので3.8倍。

この部分にはHP50%より高い場合の

ダメージ倍が乗らないので注意。


100の確率で敵を流血にさせる。

反射パッシブと相性が良い。



【防御無視攻撃の会心ダメについて】

清姫、范増は会心乗る。その代わり会心でるかどうかは会心パッシブ頼り。

太公望は会心乗らない。

 


●スキル2

 攻撃前に3ターン狂乱状態に入り

 状態異常耐性100%、確定クリ、必中状態に。

 HP%が低い敵1名に1200%のダメージ。

 これにはクリティカルが必ず乗るので2280%のダメージ。

 敵のHP%が30%より高ければダメージ倍で4560%のダメージ。

 敵を撃殺した場合、他3名に600%の攻撃。

 ここにもクリは乗るので1140%のダメージ。

 敵のHP%が30%より高ければ2280%の攻撃。


 撃殺後の攻撃対象はランダム。


 狂乱無条件3ターンは長い。



●一般戦闘

  ・スキル1:600%×2×4=4800%+筋力防御無視

  ・スキル2:1200%×2×1.9=4560%

    合計:9360%

    命中:Lv×40(筋力の1/5)

   スキル2の狂乱は必中・確定クリ。


  スキル2の初撃で敵を撃殺できた場合

  ・スキル1:600%×2×4=4800%+筋力防御無視

  ・スキル2:1200%×2×1.9+600%×2×1.9×3名=11400%

     合計:16200%


 上杉謙信と比較すると

  スキル1:800%×4名=3200%

  スキル2:800%×2×1.8×4=11520%

   合計:3200%+11520%=14720% 挑発でサポート守れるのも大きい

 となり

 敵を初撃で撃殺できた場合、合計のダメージ%は上杉謙信を超える。

 スキル2の初撃に関しては上杉謙信以上の火力なので

 これで倒せないということは上杉謙信でも2ターンで敵を撃殺できていない

 ということになり、上杉謙信が敵を殲滅できるような相手であれば

 文鴦の初撃でも沈む。つまりその後の3名攻撃につながる。



 しかし、スキル2の範囲に対する火力は上杉謙信が2880%の4名に対して

 文鴦は2280%の攻撃なので600%程劣ることになる。

 加えて上杉謙信はそれほど高くないが防御貫通のパッシブも持っている。

 なので敵を全滅させるのは上杉謙信の方が得意。

 文鴦は上杉にスキル1で400%ずつ勝っているが必中ではない。

 スキル2の火力が大きいことの方が大事。


 とはいえ戦役、かなり強いといえる。



●ボス戦

 ・スキル1:600%×2×1.9=2280%

 ・スキル2:1200%×2×1.9=4560%

    合計:6840%

    命中:Lv×40(筋力の1/5)

 ただし後半ボスのHP%が50%を下回るとスキル1の火力が半減して

 合計で5700%に。

 30%を下回るとスキル2の火力が半減して

 合計で3420%しか出なくなる。

 狂乱状態に入るおかげで大火龍術による眩暈が食らわなくなるところは

 地味に大きい。

 HP吸収もあるので耐久戦も問題なし。


因みに上杉と比較すると

 スキル1:800%

 スキル2:800%×2×1.8=2880%

  合計:800%+2880%=3680%

 というようにボスの残りHP30%になるまでは文鴦の圧勝。

 ただし上杉謙信の良いところは毒キャラや火傷キャラを

 挑発で守れるところ。


●訓練所

 火力面まずまずで特にスキル2で弱った相手を

 狙い撃ちできるところが良い。

 流血が使えるので一部敵の回復を阻害できる。

 防御面も武将+防御パッシブ+筋力パッシブのおかげで

 かなり硬く、敵の攻撃タイミングを眩暈などで

 うまくずらせば狂乱のおかげで敵のスキルによる

 状態異常にならずに済みかなり安定した立ち回りができる。



●闘技場


 ■獲物

  ●デバフ攻撃キャラ全般

   狂乱状態に入ることでデバフが効かなくなる。

   ただし、タイミングがスキル2なので

   やや使いどころが難しい。


  ●残影キャラ

   孫権、司馬昭

   狂乱攻撃が必中なので、残影で避けれない。


  ●デバフ解除なしのHP回復キャラ

   HP吸収タイプ:酒呑童子、ホウ涓、関平、その他多数

   HP自動回復タイプ:関羽、孟獲、前田慶次、周倉、廉頗、蒙恬、楽毅、飛鳥  

  これらのキャラはHP調達がとても重要なキャラなので流血に弱い。


 ■天敵

  ●連撃or高火力防御無視キャラ(スプラッシュ含む)

   韓信、織田信長、曹彰、卞氏、孫権、孫堅、貂蝉、源頼光、司馬師

   これらのキャラは状態異常耐性関係なしに防御無視攻撃で

   ダメージを伸ばしていける。


  ●クリティカル連撃キャラ

   公孫サン、司馬昭、今川義元、夏侯淵、曹彰、呂布、酒呑童子、三妖精、秀吉

   孫権、馬超、雷震子、水鏡、ホウ徳、半蔵

   同じ狂乱キャラでも真田幸村や上杉謙信のように根気値パッシブが無いので

   クリティカル攻撃を受けやすい。

   


 ■相乗効果

  ●デバフ解除or畜力付与キャラ

   大喬小喬、かぐや姫、アーサー、呉夫人、胡喜媚、妲己、劉備、兼続など  

   スキル1発動からスキル2までにデバフで足止めを食らうのを

   避けるためにデバフ解除キャラや畜力キャラと組みたい。

   デバフ解除もできて畜力も付与でき回復もできる妲己と相乗効果特に大きい。   


  ●援護付与キャラ

   直江兼続、伏皇后、蒙恬

   もともとパッシブで反射40%持っていて、

   防御無視攻撃とHP吸収もできHP調達も上手なので

   援護をもらうことで反射キャラとしても完成する。


  ●影甲付与キャラ

   胡喜媚、アーサー、徐福、蔡文姫

   文鴦の狂乱化までの保護と反射ダメからの保護



●育成ポイント

 混沌日月:混沌4日月2でも混沌2日月4でもOK

   神器:武器・指輪の伝説神器と武器・盾の無双神器のレベルアップ

      宝石も瑪瑙のレベルをしっかり上げておきたい。


●傾国・群雄・戦姫

 5ターン目から本格始動する文鴦は城戦には向かない。

 


●単騎特化陣営の1人目の副将としてありか?

 登用ラインを超えていると思います。

 戦役、ボス戦、訓練所、闘技場の全てて

 上手に立ち回れる優秀なキャラ。

 

 狂乱のタイミングがスキル2なのが闘技場では

 若干心配だが、単騎特化して育てていれば

 スキル2発動までに沈む可能性はそこまで高くないし、

 兼続や劉備、胡喜媚なんかと組ませれば盤石になる。




●単騎特化陣営のサポートキャラや準主力としてどうか?

 見送ります。

 このキャラはサポートキャラというよりも

 単騎特化向けのキャラで中途半端な育成では

 スキル2の狂乱化まで生存できない。





【上杉謙信と比べて闘技場どっちが良いの?】

 単騎相手なら上杉謙信より火力も高く、

 防御無視攻撃もあり攻撃面強い。

 反射は上杉高いが文鴦は流血で回復させない。

 防御面は援護と体力の差で上杉謙信が上。

 上杉謙信は挑発で味方も守れるところが大きい。


 前半は上杉謙信、後半は文鴦といった感じ。

 見方も活かせる上杉謙信の方がやや上かなぁ。




3,692回の閲覧