・攻略情報

  • teketeke

本多忠勝を分析・評価しました。

最終更新: 2020年12月1日

どうも!てけてけです。


今回は新しくガチャに

並んだ本田忠勝の分析をしていきたいと思います。




●スキル1

 敵6名に740%のダメージ。

 傾国、群雄でダメージ2倍。


 攻撃後2ターンの気盾(きじゅん、きたて)

 状態に入り敵の攻撃によるダメージの60%を

 HPの低い敵1名に返す。


 気盾は特殊状態なのでバフ剥がしできない。

 またバフ扱いでもないので、白起なんかに

 攻撃されて場合は気盾は剥がしはされないが

 バフが無いと判断されて撃砕はくらう。


 60%転嫁の動きを見てみると、

 まず敵の攻撃から受けるダメージを60%カット

 そして、その60%をHPが低い敵にぶつける。

 という流れ。


 反射ダメージは別途

 攻撃してきた相手にいくので

 2名に反射が攻撃がばらける場合もある。



 援護みたいな動きだけど

 援護と微妙に違い、



 援護はダメージカットした後に

 受けたダメージから反射率でダメージを

 返すが、


 気盾はカットした分をそのまま相手に返す。



 だから相手の攻撃のうち

 40%は自分が食らって、

 60%は相手に返っていく計算。


 つまり攻撃側からすると

 与えられたダメージの150%が

 反射で返ってくる感じ。

 これは強い。。



 しかも別途パッシブで反射40%返ってくるので

 合計すると攻撃側の陣営に

 190%の反射ダメージが返ってくることになる。



 過去最強の反射性能のキャラ。



 ただし

 自身の残りHPを超えてダメージはぶつけられないので

 最大HPの1.666・・倍を超えるダメージを受けた時は

 最大HP分のダメージをHPが低い相手に反射だし

 HPが減っていれば、そのHP残量を

 そのまま100%相手にぶつける程度になる。


 つまり相手からしたら与えたダメージの

 100%とパッシブ反射ダメージ40%が

 返ってくるので140%の反射ダメージ。

 どちらにせよ強い。




 しかもHPが低い相手に反射ダメージが

 飛んでいくのがえぐい。


 最上義光の攻撃の1.5倍が自軍に

 帰ってくると思うとぞっとする。

 ジャイアントキリングにものすごく使えそう。



 これ、卑弥呼や程普に飛んで行ったらどうなるか

 鬼神の道や、天然ボケのダメージもカットするのか

 というかそもそも発動するのか?

 明日のおかわり検証で試してみたい。


 あと、祝福や影甲キャラへのダメとか、



 ちなみに気盾に直江兼続の援護を載せた場合

 ダメージカット率80%の反射率270%

 になるので、化物反射壁の出来上がり。



 ちなみに風破によっては

 気盾のダメージは増加しなかった。





●スキル2

 スキル発動前自身のHPが25%より低い場合、

 自身のHPを25%回復する。

 最大HP回復率パッシブと合わせて、

 29%回復できる。


 攻撃直前に回復できるので、反射による

 死亡リスクが下がるところがまずよい。


 そして敵4名に血気爆発初回は800%の攻撃。

 血気爆発の発動回数が1回増えるごとに

 ダメージが前回の倍になり、最大で3200%の

 ダメージをぶつけることができる。


 つまり800%、1600、3200%

 とダメージが推移していく。



 で、自分の残りHP%が敵に勝っていれば

 ダメージ倍がさらに乗るので、

 ダメージ倍も含めたダメージの推移としては


 1600、3200、6400%の4名攻撃。


 さらに、さらに

 敵を撃殺できなかった場合、

 もう一度血気爆発が発動される。

 これがやばい。



 血気爆発を追加発動させるので

 初撃の800%が追加発動の時点でまず

 1600%に格上げされる。

 

 そして、2巡目スキル2を撃つときは

 3200%の上限ダメージからのスタート。


 ここにHP勝負で勝ってダメージ倍を乗せれば

 6400%の攻撃。それでも敵が死ななければ

 血気爆発の追加発動で12800%の4名攻撃。



 最強の範囲攻撃キャラが更新されました。

 もはや連撃キャラのほとんどにも勝てる火力。



 さらに面白いのが、攻撃中に反射ダメージを

 受けてHPが25%より低くなると、

 血気爆発の追加発動のタイミングで

 もう一度25%HP回復も発動する。

 追加攻撃の前にHPの補充ができる。

 その状態からまたHP勝負で勝てばダメージ倍

 という攻撃しながらこっちは回復挟んで

 HP勝負をするというマウントスタイル。


 

 ただ、範囲攻撃中にターゲットが変わる度に

 HP勝負をその都度しかけるので

 最初に反射キャラを殴ってしまうと

 そこでHPが減ってしまい、HP勝負で

 負けやすくなってしまう。



 まぁ負けたとしても十分強い範囲攻撃だけど。




●パッシブ

 スキル①:最大HP46%、最大HP回復率4%

 スキル②:攻撃力44%、反射40%

 スキル③:体力値Lv×400

 専属武器:防御貫通900、攻撃力18%

      物理貫通900



●一般戦闘

 ・スキル1:740%×4名=2960%

 ・スキル2:800%×2倍×4名=6400%

  追加発動:1600%×2倍×4名=12800%

    合計:9360~22160%

    命中:なし

 一般戦闘の火力も低くても10000%付近。

 高い場合には準トップクラスの火力。


 ただ命中はない。


 それとスキル2は一人でも撃殺すると

 追加発動無くなるので、趙公明の

 破甲連撃なんかが1体に集中した場合なんかに

 1体だけ撃破して2ターン目終わるみたいな

 状況になることも想定される。




●ボス戦

 ・スキル1:740%

 ・スキル2:3200%×2倍×2回

       =12800%

    合計:13540%

    命中:なし

 ボス戦の場合、2巡目のスキル2の発動から

 マックス火力で殴り続けることができる。

 13540%の安定火力はやばい。

 準トップクラスの火力。


 信じられないことにこの火力で範囲攻撃なので

 156ステージ以降の敵4名体制にも対応可能。


 耐久力ももちろん問題なし。




●闘技場

 ■獲物

  ●防御無視攻撃キャラ(というこ高火力全部)

   ・攻撃力ベース防御無視攻撃キャラ

     S1:姜維、曹彰、項羽、劉邦、雷震子、卑弥呼、沮授

     S2:陸遜、鍾会、

   ・スプラッシュ:張飛、貂蝉、程イク、司馬師、源頼光、

   ・総ダメ防御無視:徐福、趙公明、項羽

   ・ステベース防御無視攻撃キャラ

     S1:卞氏、文鴦、范増、太公望、清姫、伯邑考、韓信、孫権

        最上義光、坂田金時、李信、星熊童子、雑賀孫市

     S2:卞氏、周瑜、織田信長、今川義元

   ・HPベース防御無視攻撃キャラ:孫堅

   最強の返り討ちキャラ。

   敵の高火力攻撃キャラの攻撃が

   攻撃者と敵陣に降り注ぐ。

   特に現環境で幅をきかせている

   防御無視連撃キャラの攻撃を

   ダメージカットできるのが大きい。

   本多忠勝はHPの絶対量自体も高いので

   防御無視攻撃を受け止めやすい。

   

  ●復活キャラ

   孫堅、張飛、浅井長政、項羽、韓信、姜維

   茨木童子、李信、ホウ統、程普、陸遜、

   白起、伯邑考、ナタ、真田幸村、(最上義光)

  復活によってスキル2の撃殺ができないことで

  スキル2の高火力化が早まる。

  ナタや最上に刺さる挙動。


  


  ●八陣キャラ

   反射ダメージはクリティカル化しないので

   八陣キャラにかならずダメージ残せる。

   最近八陣キャラの株が上がってきていたが

   この巻き添え型反射は痛い。


  ●不死キャラ

   浅井長政、毛利元就、蓮華中のナタ

 


 ■天敵


  ●流血付与キャラ

   孫堅、文鴦、幸村、伏皇后、程普、馬岱、廉頗、嫦娥、

   郭嘉、楽進、丁奉、半蔵、関平、周倉、レイチェル

   茨木童子、大嶽丸、沮授、小早川秀秋、趙雲


  得意のHP最大回復率増加と

  スキル2の25%回復の両方を封じられる。

  HP吸収も阻害できるのでスキル2の火力を

  攻撃中にも下げることができる。





 ■相乗効果

  ●援護付与キャラ:直江兼続、伏皇后、蒙恬

   直江兼続と組むと

   反射合計270%、ダメージカット80%

   と驚異的な性能に進化するので

   是非直江兼続と組みたい。







●闘技場単騎特化適正:☆☆☆★

  ・耐久度:☆☆☆☆★

  ・バフ解除:☆

  ・デバフ耐性:☆

  ・反射耐性:☆☆☆

  ・コンボ成立:☆☆☆☆

  ・格上火力:☆☆☆☆☆

  ・格下火力:☆☆☆☆☆

  ・対デバフ無効:☆☆☆☆☆

  ・1対1:☆☆☆☆☆


 気盾2ターンだけなので

 それが途切れたところがねらい目



●育成ポイント

 ◆混沌日月:混沌4日月2

→深淵3日月2

   

 ◆宝石左:筋力、最大、物貫、命中or最小

 ◆宝石右:HP、体力、物防、法防

 ◆強化:武、鎧、兜、腰、副、指

 ◆無双神器:武、腰、兜、鎧>副>指

 ◆伝説神器:武>兜、副>腰、鎧>


 HPが高くなる深淵3日月2の組み合わせを

 作りにいきたい。


 HP最大回復率が高いので

 反射ダメージも大事だがとにかく

 硬くして、場に長く居座らせることが最善。



●傾国・群雄・戦姫

 剥がせない高反射をぶつけられるので

 攻め手で格上を葬ることも可能。


 守りも耐久力が高いのでかなり強い。



 このキャラから身を守る場合に

 スキル1の範囲攻撃が弱いと思いきや

 群雄、傾国でダメージ倍になるので結構痛い。


 ただそれでもデバフかかれば大した火力じゃないので

 普通に復活キャラとかで、復活犠牲にしながら

 気盾を受け止めればOK。



 ・戦姫の城門

  堅壁の最大攻撃力ダメージカットという性能は

  反射には無効化されるので

  城門に莫大なダメージをぶつけられる。

 

  矢塔の防御無視攻撃も恐らく

  気盾でカットできるはず。

  これもおかわり検証で。




●単騎特化陣営の1人目の副将としてありか?

 登用します!

 反射キャラと思えない戦役ボス戦の強さ。


 文句の付け所がほぼない。

 デバフに弱いので妲己の畜力は付けてあげたい。





●サポートキャラや準主力としてどうか?

 あり。

 特に格上相手にジャイアントキリンぐしたい場合に

 格上の最上なんかを利用して

 敵陣に被害を広げられる戦術は

 HPと硬さだけ重視して育てれば

 達成できるので便利。








●おかわり検証

 ◆VSナタ

  蓮華状態のナタが気盾に連撃を行った場合

  蓮華を消費せずにダメージカットができる。

  ナタの蓮華の勝利。


  ただし、ナタではなく別のキャラの攻撃のダメージを

  気盾を利用してナタの蓮華にぶつけると

  致死ダメージをぶつけた場合、蓮華を消費して

  耐久する形になった。


  ナタの攻撃時以外の蓮華には有効であることが分かる。

  ナタの蓮華消費できるのありがたい。


 ◆VS趙公明(祝福)+蔡文姫(影甲)

  趙公明の祝福の祝福と蔡文姫はの影甲が付いた卑弥呼に

  最上の連撃を受けている本多忠勝の気盾の反射ダメが飛び

  まずは影甲に吸収されて、その後、影甲が壊れると同時に

  祝福も壊れながらダメージカットの仕事をしている。


  このことから、気盾は影甲でも祝福でもダメージカット

  できることがわかる。



 ◆VS卑弥呼(鬼神の道)

  卑弥呼を気盾反射ダメージで撃殺

   →卑弥呼の鬼神の道ダメージを気盾で60%カット

    →その60%を敵陣に気盾で反射

  援護すら無視する卑弥呼の鬼神の道を

  ダメージカットできるのはずるい。



 ◆VS程普(天然ボケ)

  程普が死亡

   →復活しながら天然ボケ発動

    →天然ボケダメージを60%カット

     →程普にその60%を反射

      →程普死亡

  復活時にHPが低い状態の程普に

  気盾反射向かいやすいのがミソ。


 ◆気盾は援護でダメージカット可能

  VS程普線にてナタに忠勝がオーバーキルされた際に

  程普にその時残っていたHP分の気盾が飛んで行ったが

  ちょうど半分にカットされていた。

  ただ、この死に方をすれば程普の天然ボケを実質

  空振りにすることもできることが分かった。



 


 ◆気盾を祝福や影甲で覆うとどうなる?

  祝福や影甲が優先されダメージ-1で気盾反射ダメも0






 ◆気盾反射が先かパッシブ反射が先か問題。

  VS上杉謙信戦で判明。

   謙信よりHP%が低い胡喜媚がいるにも関わらず

   気盾ダメージが上杉謙信に飛んだ。

   スローで確認してみると、まず上杉謙信に

   パッシブ反射ダメが飛んで上杉のHPが胡喜媚より小さくなり

   その判定で気盾も上杉謙信に飛んだ。



 ◆スキル2のダメージ倍の条件は

  HP量かHP%どっちで比較してるのか? 

  訓練所で敵を攻めてみたがHPの絶対量で負けている時も

  敵のHPが限りなく減って本多忠勝のHPが優った時も

  ダメージが変わらなかったころから、

  そもそもHP%勝負をしかけていたことがわかる。  




 ◆VS城門&矢塔

  城門の堅壁のダメージ制限の壁を越えて

  反射ダメージを与えられた。Lv18の城門矢塔相手に

  この働きは素晴らしい。


 

 ◆スキル2回復の不思議な動きについて

  矢塔の燃焼をくらった後の、

  忠勝のスキル2の動きが不思議だった

  

  忠勝はスキル2でHPが25%以下の場合

  最大HPの25%回復を行うが、

  その流れとしては、目視で確認したところ


  まず、HP最大回復率によるHP回復が行われ

  その後、燃焼ダメージを受けて、

  その後で25%回復が行われるが


  映像を見ていると、どうもHP25%以下に

  なっているタイミングがない。


  どういうことか?


  これは恐らく先に、燃焼のダメージ処理が内部的に行われて

  それならHP25%以下になるので、

  そこを基準にHP25%回復が行われたものと考えられる。


  そう思えるヒントになったのが、

  その後の6ターン目の回復の動き。


  忠勝のスキル2のタイミングで、

  最初にHP最大回復率による回復が行われるが、

  この回復によってHPが25%以上になってしまう。

  なのでこの順番通りに処理が進むのであれば

  スキル2の25%回復は発生しないはずだが

  実際はしっかり25%回復した。


  このことから見た目上の回復の挙動より

  もっと早い段階で、スキル2HP回復の判断がされているのがわかり、

  そのタイミングは恐らくだが、


  スキル2開始

   →燃焼ダメージを先に計算

    →スキル2回復の条件を満たしてるか判断

     →HP最大回復率回復

      →実際の燃焼ダメージ

       →スキル2回復


  というような流れになってるのではないかと推測できる。


  HP最大回復率にスキル2のHP回復条件が

  邪魔されないのはありがたいし


  燃焼後のダメージでHP回復の判断をしてくれるのもありがたい。

 

  この場合死亡するような燃焼ダメージを受ける場合はどうなるのだろう。

  先にダメージ計算がされてHP0と判定されるけど

  実際には回復が先に来るから死なないのか?


  どちらにせよ、現状、城の燃焼にもしっかり対応できる

  スキル2の回復挙動は優秀。



11,028回の閲覧0件のコメント

・ランキング

・副将比較分析

ABOUT

管理人:teketeke

『放置少女~百花繚乱の萌姫たち』を廃課金・重課金・微課金・無課金で実際にプレーしている経験を元に、放置少女の攻略情報のシェアをしていきます。