楊貴妃(URアバター閃)を分析・評価しました!

最終更新: 5月30日

どうも!てけてけです。

今回は楊貴妃が新しくガチャに

並んだので、その評価をしていきたいと思います。





●スキル1

 HPが低い味方6名に攻撃力の80~160%回復。

 同時に味方のすべての有益状態を自分に付与する。


 この回復量はHPが低いほど増加して

  ・回復量の推移

   100%:攻撃力×0.8  

    90%:攻撃力×0.88  

    80%:攻撃力×0.96

    70%:攻撃力×1.04

    60%:攻撃力×1.12

    50%:攻撃力×1.20

    40%:攻撃力×1.28

    30%:攻撃力×1.36 

    20%:攻撃力×1.44 

    10%:攻撃力×1.52 

     0%:攻撃力×1.60

  というように回復量が上がっていく。


 ・バフコピーより回復が先

  なので応援駆け付けのバフ盛り回復はできない。残念。

 


  

 ・バフを奪う場合は再計算?

  ・鼓舞:そのまま奪う

  ・奮起:再計算

  ・影甲:そのまま奪う

  ・畜力:再計算

 特に鼓舞を貰うことで、このキャラを育てていなくても

 かなりの火力を出していくことができる。


 鼓舞→畜力

 畜力→鼓舞

 などの順序でコピーした時の火力が変わってくるので注意。


 ・効果量の違う同じバフが複数あった場合

  ターン数の多い方を優先してコピー。

  ターン数が同じ場合はどうやら後に効果を発揮した方を

  採用してそう。。(援護で検証しかも回数が少ないので不確定ですが)


 ・回復クリティカルについて、

  回復クリティカルが発生するが、その確率の計算式は

  回復クリティカルの発生は攻撃クリティカルと

  計算方法が違っていて、

  会心ステータス内の()の中に書いてある数値に0.66かけて

  計算される模様。


  根気値に影響されないので結構頻発する。

  このキャラクターは会心パッシブがあるのに

  会心ダメパッシブが無いが、会心パッシブは基本的に

  この回復クリティカルを意識したものと思われる。



範囲回復系キャラの中では、デバフ解除が無かったり

バフを付けたりもしないので味方への貢献度が一番低い。

このキャラ自身を強くして、スキル2の回復可能性を上げることで

価値はかなり上がるけど。



●スキル2

 敵6名に740%のダメージ。

 バフが一つ増えるごとにダメージが+0.5倍される。


・有効なバフは6個までで家康と同じ。

 なので最大で2960%まで火力が伸びる。


・回復は撃殺する毎に行われるので反射による死亡リスクが低い。

 攻撃途中に1体でも育成不十分な子を倒せれば全回復できる。


・デバフ解除してから回復してくれる。

 文言の順序逆。

 なので流血状態の味方のHPも回復できる。



●一般戦闘

 ・スキル1:0%

 ・スキル2:740~2960%×4名=2960~11840%

    合計:2960~11840%

    命中:なし

 バフをしっかり盛れば10000%超えるのでかなりの威力になるが

 命中がないのでミスったら

 大器晩成型。



●ボス戦

 ・スキル1:0%

 ・スキル2:740~2960%

    合計:740~2960%

    命中:なし

 ボスにはあまりダメージを出せない。



●訓練所

 訓練所では味方のバフキャラもしっかり育てていないと

 すぐにコピーできるバフが無くなってしまうので

 かなり苦労する。




●闘技場

 ■獲物

  ●格上全般

   バフ盛りにして範囲攻撃をすれば格上でも落としに行ける。

   (反射系の格上は相手の方がHPが高い場合が相打ちになってしまう。)

   家康と違い相打ちになりづらいところが大きい。


 



 ■天敵

  ●複数バフはがしキャラ

   荊軻、ホウ徳、豊臣秀吉、真田幸村、司馬昭、太公望、茨木童子

   バフをたくさん盛ると攻撃力が上がるので

   茨木童子や荊軻の攻撃対象になりやすいので、この二人には特に注意。


  ●流血キャラ

   幸村、程普、馬岱、孫堅、茨木童子、廉頗、伏皇后、嫦娥、郭嘉

   楽進、丁奉、半蔵、関平、周倉

   スキル1のHP回復が阻害される


  ●足止めキャラ

   眩暈:玉藻前、孔明、周瑜、馬超、丁奉、夏侯淵、兼続、水鏡

      張角、楽進、范増、曹操、郭嘉、宮本武蔵、秦王、

   雷鎧:伏皇后、曹仁、張飛、李牧、典韋、張遼

   氷鎧:雪女

   凍結:姜維、荀攸、虞姫、雪泉

   封印:荀彧、左慈、歩練師、黄忠、太公望

   楊貴妃のバフコピーはターン数をそのままコピーするので

   残り1ターンしかないような状態で奪うことも多く

   眩暈なんかの足止めでスキル2に連携できなくなりがち。

   胡喜媚の暴走とか趙公明の祝福などの高火力化するためのバフが

   もともと2ターンしか猶予が無いので、足止めされるとつらいところ。

   妲己の畜力をコピーしてデバフ耐性を上げておきたい。      

   



 ■相乗効果

  ●バフキャラ(バフ奪いキャラ含む)

   バフ奪:酒呑童子、董卓、牛若丸、家康、曹丕

   コピー材料を増やしてくれるだけなく相手のバフを奪うことで

   バフ優位の状態も作ってくれる。


   氷鎧などの防御系のバフでもスキル2の火力あがるので

   主将謀士との相性も良い。

   

   バフ盛り状態になると攻撃力が上がり鍾会や兼続の

   眩暈の対象になりやすくなるので、

   スキル1とスキル2の連携を崩されないように

   畜力キャラと組みたいところ。


   援護をコピれば反射キャラとしても立ち回れる。

   

 ■相殺効果

  ●効果の低いバフキャラで重複

   バフのコピーはターン数が優先されるので

   効果の低いバフのターン数が長いとそちらを採用してしまう。

   



 

●育成ポイント

 混沌日月:混沌2日月4でも混沌4日月2でもどちらでもOK

      混沌4にする場合は、武器、兜、鎧、腰当を。

   強化:影甲は値をそのままコピれるので書と指輪の強化はいらない。



●傾国・群雄・戦姫

 楊貴妃は人数をたくさん組めない城戦では

 持ち味を発揮できない。


●単騎特化陣営の1人目の副将としてありか?

 見送ります。

 このキャラは味方陣営にバフキャラがたくさんいないと

 強くならないので、最初に取ってしまうと苦労する。

 単騎特化するならある程度課金できる人向けのキャラ。


●単騎特化陣営のサポートキャラや準主力としてどうか?

 単騎特化キャラのサポートキャラとして登用はあり。

 スキル1、スキル2共にHP回復ができ、スキル2ではデバフ解除も狙える。

 味方に劉備がいれば妲己や胡喜媚なんかとの組み合わせで

 大規模な火力パスができるので

 サポートキャラという立ち位置だけでなく

 お手軽準主力キャラとしても働いてくれるようになる。

 二人目というよりバッファーが揃ってからかなり後半にゲットするキャラ。


 ただURまでタダ取れたのでコストは低すぎるので

 取ってしまってもいいかも


2,827回の閲覧