歩練師(URアバター閃)を分析・評価しました。







●スキル1

 480%のランダム5回攻撃。合計2400%のダメージ。

 敵を90%の確率で2ターン封印にする。

 敵が封印状態の場合100%の確率で2ターン撃砕にし

 防御力と物理・法術防御力を80%減少させる。


 ミスっても封印は90%の確率で付与できる。

 ミスっても撃砕付与はできる。



 一度に足止めと耐久力を下げに行ける。

 左慈が複数対応型なら歩練師は少数対応型。

 少人数相手に猛威を振るうキャラ。

 敵人数が多いと攻撃が散ってしまい封印までで撃砕は乗らないことが多い。


 

【その他の足止めしながら耐久力を下げるキャラ】

 ■水鏡:眩暈・風破

 ■丁奉:眩暈・撃砕

 歩練師は2ターンの足止め。



●スキル2

 HPが低い味方2名にデバフをランダムに1つ解除してから

 攻撃力の180%HP回復。

 その後不可視のバフを付け受けるダメージを70%カットできる。



 まずデバフ解除は回復の前なので

 流血状態でも剥がしたあとにHP回復できる。

 回復クリティカルが発生するが、その確率の計算式は

 回復クリティカルの発生は攻撃クリティカルと 

 計算方法が違っていて、

 会心ステータス内の()の中に書いてある数値に0.66かけて

 計算される模様。



 不可視ダメージカット70%と援護ダメージカット50%を重ねがけした場合。

 一見ダメージ減少率が100%を超えるので

 ダメージ0になるように見えるのですが、実際には

 ・受けたダメージ×援護ダメ減×不可視ダメ減=ダメージ

 という計算になります。

 なので今回の50%ダメージカット援護と

 歩練師の不可視を合わせると

 100万×0.3×0.5=15万ダメージまで

 減少させることができます。



 不可視はランダム攻撃の対象にならなくなり

 ランダム攻撃キャラが攻撃のタイミングで敵陣に不可視しかいなければ

 攻撃が飛ばされる。(映像のとおり)


 ただし、範囲攻撃の攻撃対象には含まれてしまう。

 これも70%カットできるのでダメージはかなり抑えられる。


 また例えばHPが低い相手に8連撃というような

 対象を絞った攻撃をするスキルがあるが、この場合は対象になってしまう。

 ただ、この場合もダメージ70%カットできる。


 挑発と不可視を重ねが消した時にランダム攻撃を敵が行った場合には

 挑発が勝ち、不可視状態でもランダム攻撃を受けることになる。





●HPオーラとの重ねがけ。

 一度開放すればSSRの歩練師に戻しても効果継続。



●一般戦闘

 ・スキル1:480%×5回=2400%(撃砕)

 ・スキル2:0

  一般戦闘では撃砕を付与できること以外あまり活躍できない。

  撃砕付与もランダム攻撃なので偏る場合がある。

  命中Lv×240



●ボス戦

 ・スキル1:480%×5回=2400%(撃砕)

 ・スキル2:0

  ボス戦では他の撃砕付与キャラより火力低い。

  ただし封印ができるため、ボスの初撃を眩暈などで遅らせてから

  封印を入れるとその後、ボスの大火龍術が憤怒狂乱化まで4ターンに1回になり

  ボスのスキル発動のタイミングが計りやすくなる。

  命中Lv×240


●訓練所

 生身では敵の波状攻撃に耐えられない場面が多い。

 敵の行動を1ターン遅らせて





●闘技場

 ■獲物

  ●ランダム連撃キャラ

   ウアサハ、王翦、虞姫、司馬昭、今川義元、袁紹、不知火舞、

   水鏡、孫策伯符、歩練師、曹彰、ホウ統、雷震子、服部半蔵

   王賁、嫦娥、馬超、三妖精、ホウ徳、太公望、趙雲子龍、

   源頼光、雪泉、韓当、トウ艾、張良、織田信長、魏延、

   趙公明、荊軻、張角

  実際に全員が攻撃されないかは確認できていないが

  スキル的にはこれらのキャラのスキルのランダム連撃攻撃の対象にならない。

  

 ■天敵

  ●高火力物理攻撃キャラ全般

   歩練師は防御力が低いので簡単に落ちてしまう。

   不可視を発動させる2ターン目まで生かしておくのが難しい。


  ●挑発+状態異常耐性キャラ:上杉謙信

   歩練師のスキル1が謙信の挑発で受け止められ、

   撃砕に関しても謙信が狂乱状態なので付与できない。



 ■相乗効果

  ●敵が封印状態で加速するキャラ

   太公望、黄忠

   太公望の足りない封印を補填できる。

   太公望が封印した相手には撃砕にできる。

   そしてスキル発動タイミングをうまくずらせば

   封印の無限ループも作ることが可能。


  ●鼓舞キャラクタ:劉備

   劉備に防御力を貰い生存率を上げつつ

   攻撃力も鼓舞であがるのでスキル2の回復量を一気に上げていける。


  ●盲目・残影付与キャラ:韓当、袁紹、張宝(UR)

   歩練師は防御力は低いが回避値が高いので残影キャラと組むことで

   敵の攻撃を回避することで生き延びることも狙っていける。


  ●挑発援護キャラ:上杉謙信

   上杉謙信は挑発と援護を同時に自身に付与するので

   不可視と援護でダメージカットを合計85%までアップさせた状態で

   挑発で敵の攻撃を引き受けさせることができる。

   

  ●スキル1、スキル2で連携をするキャラ。

   ホウ統、陸遜、不知火舞、太公望、于禁、馬岱、トウ艾、張遼

   スキル1で敵にデバフを仕込みスキル2で高火力化するまでを

   スムーズにしてくれる。





 ■相殺効果

  ●雷震子の雷霆

   敵を封印してしまうことで雷震子の攻撃を受ける可能性を下げてしまい

   雷霆が外れてしまう可能性が上がる。


 



●格上相手

 少数でデバフ耐性が無ければ単騎特化してる主将と組んで

 相手を落としに行ける。

 同じ封印キャラの左慈と違いレベル差によって

 封印の発動可能性が下がらないので

 敵が少数であれば格上でも封印→撃砕→主力殴りが成立する。




●傾国、群雄

 歩練師は攻めでものすごく活躍する。

 敵人数が少ないので封印が満遍なく行き渡り

 2ターンの足止めは主力のスキル2の発動までの直行便。



●育成で苦労するところ

 やはり防御の部分で苦労する。鎧や兜はしっかり育てないと全然もたない。

 ただ、その代わりMPは必要ないので書や指輪に強化石はあまり必要にならない。

 (傾国や群雄で長距離走したいならMPも少しだけ上げておきたいけど。)



●単騎特化陣営の最初の副将として登用するか?

 見送ります。

 防御面が弱いので格下にも平気でやられてしまう。

 一般戦闘ではスキル2がまるまる無駄になってしまう。



●単騎特化陣営の2人目の副将としてはどうか?

 基本的には見送ります。

 ただし一人目でもし太公望を持っていたら登用したい。

 撃砕はもちろんサポートになるし、

 封印に関しても太公望と相性が良い。

 さらに太公望の神祇によるダメージカットと歩練師の不可視が

 重なれば82%のダメージカット率を実現できる。

 

 スキル2の無条件でHPを回復してくれるところも

 単騎特化キャラのサポートとしてありがたい。




1,737回の閲覧