・攻略情報

  • teketeke

沮授(URアバター閃)を分析・評価しました!

更新日:2020年8月29日


今回は新しくガチャに

並んだ沮授の分析をしていきたいと思います。






●スキル1

 敵4名に640%の攻撃。

 敵に最大攻撃で負けている場合

 100%の確率で敵に2ターンの虚弱を付与して

 攻撃力を50%減少させる。


 敵に最大攻撃で買っている場合

 100%の確率で敵に2ターンの流血を付与して

 更に沮授の攻撃力の30%の防御無視をぶつける。


 ・ミスったら場合

   虚弱も流血もつけられない。

    

 このスキル1で敵が撃殺されない場合

 もう一回だけ追加でスキル1を発動させる。


 なので、初撃で最大攻撃力で負けていて

 虚弱ついた相手は攻撃力が落ちているので

 2回目のスキル1発動時には今度は沮授が攻撃力で

 勝って流血を付与する+防御無視というように


 一気に二つのデバフを付けることも可能。

 がっつり育てていけば、虚弱後の卑弥呼は厳しいが

 最上になら攻撃力で勝てる可能性があり。


 こちら側で鼓舞とかつけて、

 初撃負けて2撃目勝てるように調整必要。

 (ちょっと玄人向け。)


 640%の2回攻撃で1280%にさらに

 60%の防御無視攻撃がつくのは

 火力的にも十分すぎるくらい強い。

 この火力を最大化するためにも

 バフはつけて戦いたい。

 

ちなみに初撃攻撃力負けてる場合に虚弱つけるが

防御無視判定は攻撃前なので

虚弱つけたことで攻撃力で勝ったから

初撃から防御無視攻撃も発動とかはしない。




●スキル2

 攻撃前に2ターンMP30倍の影甲に入る。

 そして敵に700%の4回攻撃を行う。合計2800%の攻撃。

 敵にデバフが付いている場合ダメージ倍で5600%のダメージ。


 ダメージ倍で、さらに沮授は専属武器で

 会心値も上がるので趙公明や献帝と組むことで

 ここにクリティカルも乗せる伸びしろがある。

 

 攻撃後、残りHP%が低い味方1名に

 デバフを解除してから与えた総ダメージの30%

 HPを回復するので

 流血がついていてもHP回復できる。


 さらに、攻撃前に影甲に入るので

 スキル2の反射による死亡リスクが極端に低い。

 まぁでも1ターン目で入って欲しかった。


 虚弱による敵の弱体化と

 防御パッシブと体力パッシブも持っているので

 スキル2までの生存率も他の謀士に比べると

 まぁまぁ。


 さらに言うと2巡目のスキル1発動まで

 自信を影甲で守れるので

 2巡目にもう一度虚弱と流血を狙いにいけたら

 対人の後半戦が一気に有利になる。


 自身もスキル2では連撃なので

 敵人数が減ってからも火力出せるし。


 かなり面白いサポートキャラが出てきた印象。


 ランダム攻撃なので上杉謙信に絡めとられる。


●パッシブ

 スキル①:攻撃力44%、命中値Lv×280

 スキル②:最大HP44%、防御力Lv×180

 スキル③:MPLv×300、体力Lv×200

 専属武器:会心値Lv×260、攻撃力17%、防御貫通900





●一般戦闘

 ・スキル1:640%×4名×2回

       +30×4名×2倍=5360%

       (防御無視攻撃は2倍評価)

 ・スキル2:700%×4回×2倍=5600%

    合計:10960%

    命中:Lv×280%

 戦役は最近では20000%越えとか出てきてインフレ進んでるが

 10000%越えの火力を出せるのは中々強い。

 ただこのキャラは攻撃系のパッシブあまりないので

 思った以上に火力伸びなさそう。




●ボス戦

 ・スキル1:640%×2回+30%×2倍=1340%

 ・スキル2:700%×4回×2倍=5600%

    合計:6880%

    命中:Lv×280

 こちらも10000%超えキャラが

 最近では結構出てきているので比較すると見劣りするが

 ボス戦でも5000%越えの火力を出せて火力としては

 まずまず強い。


 ただボスの大火龍術をスキル1とスキル2の

 間にくらうとスキル2発動時に流血、虚弱が外れてしまい

 ダメージ倍が出ない可能性もある。

 まぁボス戦では毒や火傷、他にも破甲や撃砕なんかが

 つけまくれるのでデバフの種類を問わない沮授は

 心配はないと思う。

 



●訓練所

 戦役、ボス戦同様、敵の攻撃力が高いので

 鼓舞や畜力、暴走などのバフを付けても

 攻撃力で負けて虚弱を付与することになりがち。

 その虚弱によって攻撃力を抜かせるかどうかで

 スキル1追加発動で流血を付けられるかどうか。

 ここの調整が難しそうだが、うまく決められれば

 HP回復系の敵の生存力を大幅に下げられる。

 スキル2で影甲にも入れるので

 虚弱とセットで使うことで意外と訓練所の

 攻撃も耐えられそう。

 まぁまぁ得意と言える。



●闘技場

 ■獲物

  ●攻撃力ベース防御無視攻撃キャラ

   S1:姜維、曹彰、項羽、劉邦、雷震子、卑弥呼、沮授

   S2:陸遜、鍾会、

   虚弱によってその火力を大幅に下げることができる。

   さらに直江兼続の援護なんかでダメージカットできれば

   合計で75%のカットになり有利に進められる。

   


  ●デバフ一つだけ解除するキャラ

   ・回復あり:華佗、アーサー、呉夫人、歩練師(兼続、荀攸、劉備)

   ・回復なし:かぐや姫、張良、楊貴妃、劉備

   流血と虚弱の2つバフを一気につけることも可能なので

   これらのキャラがデバフを剥がしきれない。

   特に回復ありのキャラは流血をうまく剥がせないとHPが

   回復できなくなる。


   兼続、荀攸と劉備のスキル2はデバフ全剥がしだけど

   先にHPを回復してしまうので流血付いてると回復できない。

 

   かぐや姫を前衛においている人は主力の

   眩暈や封印を解除したいのに別のデバフを解除してしまい

   一気に足並みを乱すこともできる。


  

 ■天敵

  ●状態異常耐性キャラ

   耐性:張飛、ウアサハ、孫策、オウセン、かぐや姫、王賁、蒙恬、

      徐福、アーサー、ホウ涓、曹丕、鍾会

    狂乱:幸村、荊軻、趙雲、関羽雲長、衛青、李信、上杉謙信、魏延、文鴦

   畜力:今川、ホウ徳、妲己

   神祇:太公望、嫦娥

   スキル1のデバフがつけられず、スキル2の火力も半減。



  ●足止めキャラ

   眩暈:玉藻前、孔明、周瑜、馬超、丁奉、夏侯淵、兼続、水鏡

      張角、楽進、范増、曹操、郭嘉、宮本武蔵、秦王、夏侯淵

   雷鎧:伏皇后、曹仁、張飛、李牧、典韋、張遼、島津義弘

   氷鎧:雪女

   凍結:姜維、荀攸、虞姫、雪泉、法正

   封印:荀彧、左慈、歩練師、黄忠、太公望

   スキル1の後に足止めを食らうとスキル2発動のタイミングで

   虚弱や流血が無くなってしまいダメージ倍が発動できない。

   ただしスキル2のダメージ倍化にはデバフの種類を問わないので

   意外と成立しやすい。


  ●デバフ全解除キャラ

   S1、胡喜媚、妲己、大喬小喬

   S2、劉備、牛若丸、アテナ、嫦娥、范増、直江兼続、荀攸

   特に牛若丸はデバフコピーをしてくるので厄介。


  ●バフはがしキャラ

   荊軻、ホウ徳、家康、牛若丸、酒呑童子、真田幸村、陸遜、白起

   孫策伯符、秀吉、玉藻前、アテナ、茨木童子、司馬昭、大喬小喬、