• teketeke

飛鳥(UR閃)を分析・評価しました

どうも!てけてけです。

今回は飛鳥(UR閃)を分析・評価しました。

飛鳥の強い点や弱い点など参考にしてもらえたら嬉しいです。


●スキル1

 貴重な6名破甲キャラ。

 破甲は2ターンなので、眩暈などで足止めされると

 スキル2打つ頃には破甲が終わってることも。


 初撃の640%の攻撃でHPが半分になるようなキャラは

 追加の800%のダメージで倒せる。


 クリティカルが乗れば

 初撃640% → 960%

 追加攻撃800% → 1200%

 に伸びる。 


 中途半端な育成を許さないキャラ


 破甲は攻撃前付与なので半蔵と違って

 ミスしても敵を確実に破甲にできる。

 これによって一般戦役で半蔵より使い勝手がかなり良くなる。


 また、半蔵は追加攻撃の際に破甲が乗りダメージが伸びるが

 飛鳥は初撃からダメージ伸びてる。

 

 半蔵はHP50%以下でも自力でクリティカルが出せれば

 破甲にしてさらに2回攻撃できるがクリティカルでないと

 平凡なスキル1になってしまう。


 その点において飛鳥は

 HPが50%以下だと破甲にすることが不可能になってしまうが

 その代わり確実に2回攻撃になる。

 しかもダメージが800%と若干伸びる。

 

 半蔵より飛鳥の方が弱っている相手を追い詰めやすくなっている。




●スキル2

 スキル2のタイミングで

 HPが低い相手を狙っていくので

 相手陣営に回復キャラやデバフ解除キャラがいなければ

 高倍率ダメージの発動も期待できる。


 破甲ついた状態で飛鳥の

 高い物理防御貫通付きの攻撃食らったら

 1000%でもかなりの副将が耐えられない。

 


 信長はスキル1にこのスキルがあることで

 狙い撃ちしやすかった。

  ・陣営の先頭に置いて主将をまず倒して勢いをつける

  ・敵のHPを先に連撃キャラで削っておいて信長でとどめ

 というような感じに。


 スキル2にあると、どうしても

 その間に破甲を解除されてしまったりHPを回復されてしまったりと

 上位ランカーの戦いでは狙い通りいかせづらい。


 敵を撃殺しないとダメージ倍にならないので

 復活ではダメージ倍にならない。


 信長と違い、毎回の撃砕付与判定が無いので

 復活後の追い込みが意外と大変。

 ただし、物理防御貫通のパッシブがあるので天然で

 ダメージは伸びる。


 

 半蔵はスキル2で弱っている相手を追い詰めるだけでなく

 倒しきれなくても流血を付与して

 次のスキル1まで相手のHP回復を許さない。




●パッシブ

 物理防御貫通Lv×20が破甲と相まって恐ろしいことに。

 防御力パッシブがLv×240とトップレベル。しかも武将。

 防御力+筋力+防御貫通の3点強化は楽進と似ている。


 会心パッシブLv×220が中途半端。



 半蔵は攻撃で追い詰めるだけでなく

 体力によって上がった高いHPからのダメージ反射と

 それを繰り返すための高いHP吸収がある点

 飛鳥と大きく違うところ。



●一般戦闘

 半蔵と違いミスっても破甲を付けてくれるので

 他の仲間の攻撃の助けになれる。

 ただ一般戦闘でステージを上げていくと

 スキル1の初撃でHP50%以上減らすのは厳しいので

 于禁のスキル1、スキル2の方が強力。

 于禁の高火力なスキル2は必中だし。




●ボス戦

 ボス戦においてもミスしても破甲が付けられるありがたいキャラ。

 ただしスキル2のHP回復は発動できず

 憤怒狂乱化のあとの粘りを見せられないので単騎だと厳しい。




●訓練所

 防御力が高いのでHPさえしっかり上げれば

 敵の波状攻撃で即死するリスクは低いが


 スキル2のHP回復がな  かなか発動できないので

 HP回復が追い付かず、2周目、3週目と

 ターンを追うごとに死亡リスクが高くなる。 

 



●闘技場

 闘技場では高い攻撃力+防御力+貫通値を元に

 暴れまくれるキャラ。


 このキャラを単騎特化しても強いし

 単騎特化陣営の二人目の副将としても使える。



●格上相手

 格上相手でも破甲が付いた状態で

 スキル2の攻撃を弱い子を巻き込んで倍率伸ばしていけば

 倒すことが十分にできる。


●初めての単騎特化副将として登用するか

 無課金では登用できない。

 微課金で3万超えの課金をするとしても今回は見送ります。


 ボス戦のダメージ規模で

 言うと王賁に負けていて、しかもHP吸収が無いので

 憤怒狂乱化の後に粘れないのが痛い。

 

 二人目の副将としては滅茶苦茶欲しい。


480回の閲覧