馬岱(URアバター閃)を分析・評価しました




●スキル1

 攻撃力が高い4名に800%の攻撃。

 敵に筋力で勝っていればダメージ倍で1600%

 筋力パッシブLv×240あるので大体のキャラに競り勝てる。



 4名に無条件100%で2ターン流血。 

 


 敵にHP%で勝っていれば2ターン撃砕(属防-80%)が付与できる。

 自分の方がHPが高い必要があるので応援で出すと機能しやすい。


 ちなみにHP勝負で勝つと撃砕が付与できるキャラに

 曹彰がいるが、敵と自分のHPがお互いに100%の時には

 撃砕を付与できなかったのでおそらくこのキャラの同じ。

 (同盟員の方に確認してもらいました)






●スキル2

 敵6名に700%の攻撃。

 敵が撃砕状態でダメージ倍で1400%

 敵が流血状態で確定クリティカルで2100%

 総ダメージ30%回復

 

 スキル1の撃砕も流血も2ターンしか付与されていないので

 眩暈や封印で足止めされると、デバフが外れて行動できる頃には

 撃砕や流血も解けてしまっているのでダメ倍も確クリも発動できない。

 対人ではここで苦労する。


 デバフの種類も限定されているので

 火力アップ条件を満たす難易度が少し高い。






●一般戦闘


 命中Lv×180


 スキル1:800×2倍×4名=6400%

 スキル2:700%×2×1.5×4名=8400%

  合計:6400+8400=14800%


 火力は2020年1月3日現在

 虹の撃砕キャラの中で夏侯覇を超えて圧倒的トップ。



 敵よりHPが高くないと撃砕を付与できないので

 敵に先手で攻撃を受けてしまうと

 1ターン目に撃砕をばらまけなくなる。

 HP100%どおしだと撃砕付与できないのも扱いが難しいところ。

 他の破甲キャラなんかで先に敵のHPを減らしておけばOK。

 ただし破甲キャラにミスられたら撃砕つけられなくなる。


 できれば反射の奥義を何か一つ解放しておきたい。

 上杉謙信に援護挑発させて敵のHPを削っておくか。

 

 趙公明や胡喜媚と組んでHPを守る手もあるが

 そうすると反射奥義を開放していても敵に反射ダメを

 与えられない。


 【結論】

 主将が武将で挑発退場からの2ターン目

 応援での撃砕付与キャラが安牌

 1人連携できるので3ターン目も高火力のまま使える。



 


●ボス戦

 スキル1:800×2倍=1600%

 スキル2:700%×2×1.5=2100%

  合計:1600+2100=3700%

 火力は虹の撃砕キャラの中で真ん中くらい。

 範囲攻撃が得意なキャラなので仕方ない。


 ボスは一般戦闘に比べてHPが減りやすいので

 ここでも趙公明がものすごく活きてくる。

 趙公明と組めば会心値高いので

 スキル1のダメ倍にクリも乗せられる可能性UP。


 大火龍術でスキル2のターンをずらされると厳しい。



●訓練所

 敵の波状攻撃によってHPが削られ

 撃砕付与に失敗する可能性が高い。

 雷鎧なんかを付与して足止めしてくる敵もいるので

 スキル2の連携も失敗しやすくなのであまり得意としない。





●闘技場

 自陣の連携の邪魔をしてしまうことはほとんどないが

 苦手な敵が多すぎる印象。 


 ■獲物

  ●謀士、弓将全般

   高筋力、高防御貫通から繰り出される

   撃砕付きの高火力攻撃は範囲攻撃でも

   謀士や弓将を苦しめることができる。





 ■天敵

  ●筋力が高い武将

   

   スキル1の攻撃でダメージ倍に失敗するし

   範囲攻撃なのでダメージを深く与えられず

   HP勝負でも負けやすくなり撃砕も付与しづらくなる。



  ●状態異常耐性キャラ、デバフ解除キャラ

   

   流血も撃砕も失敗して持ち味を消されて

   その影響でスキル2のダメ倍もクリも繋がらなくなる。



  ●回復キャラ


   HPを100%に持っていかれてしまうと

   撃砕が付与できなくなってしまうので

   回復されてしまうのはつらいところ。



  ●流血キャラ

   馬岱のHPが回復できないと

   スキル1の撃砕付与が難しくなる。



  ●足止めキャラ(眩暈、封印、凍結、雷鎧、氷鎧)

   特に雷鎧や氷鎧キャラが敵陣にいると

   スキル1が範囲攻撃なので高確率で眩暈や凍結をもらいやすく

   それだけでスキル2の高火力条件が崩れてしまう。



 ■相乗効果

  ●足止めキャラ(眩暈、封印、凍結)

   

   馬岱のスキル2の火力アップ条件を満たすために

   敵の足止めが重要になってくる。



  ●撃砕・流血付与キャラ

   

   デバフ解除された時の補填として。



  ●祝福、影甲キャラ


   馬岱のHPを保護することで撃砕の付与条件を達成しやすくする。

   趙公明と半蔵と組めば半蔵のスキル2でクリが出やすくなり

   流血付与の予備が成立しやすくなる。

   会心パッシブも×300あるので、祝福と相乗効果高い(スキル1)





●格上相手

 闘技場・皇室上位ではデバフ解除や眩暈などの足止めは

 当たり前なのでスキル2の連携が途切れる可能性が高く

 火力を伸ばしきれない場面が出てきやすくあまり得意としない。



●傾国・群雄での立ち回り

 攻城では先頭にこのキャラを置いて攻めると

 せっかくの撃砕がHPがフレッシュな相手に付与できず

 本領発揮できない。


 秦王などの足止めキャラと組みたいところ。


 

●育成で伸ばしたいところ

 HP吸収は必須で伸ばしておきたい。

 あと、HPを高く保つために鎧や兜、腰当の進化・強化も大事




●単騎特化陣営の1人目の副将として登用するか?

 私がもし1人目の副将を持っていなかったとしたら

 見送ります。


 一般戦闘は撃砕キャラの中で最強ランクに強いが一人だと

 敵のHPをしっかり削ってくれるキャラが他にいないので

 撃砕付与に失敗する可能性が高い。


 


●単騎特化陣営の2人目の副将としてはどうか?

 一般戦闘の撃砕キャラとしてものすごく優秀なので

 サポートとして登用しますと言いたいところですが見送ります。


 奮起、鼓舞、畜力、祝福、破甲あたりのキャラが揃って

 から主将武将で挑発して2ターン目利用かなぁ

 



1,321回の閲覧