• teketeke

源頼光(URアバター閃)を分析・評価しました

最終更新: 1月3日




まず今回の源頼光は実際に登用していないので

挙動を確認しておらずスキルの文言と

私の今までの経験から考察していく

形になりますので、その点ご了承ください。



●スキル1

 敵ランダム4名に700%の攻撃。

 攻撃の度にHP%の低い敵1名に

 50%分の防御無視スプラッシュ攻撃を与える。


 攻撃が終わった後、敵を一人でも撃殺していたら

 2ターンの間暴走状態に入って攻撃力+100%

 受けるダメージ+20%になり


 もう一度このスキル1を発動する。


 2回目のスキルダメージは

 1400%の4名攻撃にスプラッシュ。


 虹司馬師の撃砕を抜いて広範囲化したような仕様。


 弱い子を巻き込めば

 格上でも容易に倒せてしまう恐ろしい挙動。


 スプラッシュはHPが低い相手に飛んでいくので

 1体を確実に落としにいけるのが追加攻撃の流れと相性が良い。

 敵が復活持ちでもしっかり追い打ちできる。



 Q,スプラッシュはミスるか?

  基本的にはミスらないが、貂蝉のスプラッシュだけミスる。

  頼光のはどうか。。


 Q,風破や暴走との関係は?

  スプラッシュダメージは風破によってダメージが伸びる。


 Q,風破状態の相手にスキル2の初撃をぶつけ、

  スプラッシュも風破状態の相手に飛んだ場合は?

  A,初撃30%増しのダメージになり、そのダメージから50%のスプラッシュが飛ぶ

   スプラッシュを受ける相手が風破状態だった場合、さらにスプラッシュダメージの

   30%増しのダメージを受けることになり、風破の恩恵を二度受けれる。



 Q,援護状態の相手に対してスキル1を撃った場合は?

  A,まず援護状態の相手にスキル1のダメージが削減される。

   そしてその削減された値の50%のスプラッシュダメージが飛ぶ。

   スプラッシュダメージを受ける側が援護状態の場合、

   さらに50%ダメージ減される。

   援護に対する燃焼よりも厳しい条件。



●スキル2

 800%のランダム4回攻撃。

 敵HP50%より高いとダメージ倍。

 自HP50%より低いと確定クリ。

 攻撃後、総ダメージの35%自身に回復。


 条件が満たされていれば

 800×2×2.1=3360%

 これの4回攻撃で

 13440%の火力。


 これを暴走状態で行うと

 26880%の威力になり

 太公望を超えるトップクラスの火力に。


 対人では猛威を振るうことになりそう。



 太公望との比較は


 神祇の差で太公望は時間制限がある。



 スキル2高火力化条件の一つに自HP50%より低いと

 あるが防御力がそんなに高くない状態で

 50%以下の状態でキープするのが難しい。(暴走も乗るので)


 自HPが低く、敵HPが高い時に最高火力に達するので

 反射による死亡がものすごく怖いところ。




●一般戦闘

 命中Lv×300あり

 ・高く見積もると・・・

  スキル1:(700+350)×4名

        +(1400+700)×3名=10500%

  スキル2:800×2(ダメ倍)×2(暴走)×4回=12800%

    合計:10500%+12800%=23300%

   ※スキル2で頼光のHPが50%より低い可能性は低いので計算から除外


   となりかなりの威力になります。

   スキル1のHPが低い敵に対するスプラッシュを行って

   敵人数が減ってもスキル2は回数攻撃なので問題なく高火力が出せる。


   ただ実際にはスキル2で敵に連撃していくうちに敵のHPが50%より低くなり

   ダメージ倍の条件は消えてしまうので

   こんなに高い火力を出し続けることはできないし


   暴走化のためにスキル1の時点で敵を1体倒さないといけないが

   ステージが進んで敵が強くなってくるとそこを達成するのがまず難しい。

   そうするとスキル1追加攻撃もでないし、スキル2の火力も半減。


  ・低く見積もると・・・

  スキル1:(700+350)×4名=4200%

  スキル2:800×4回=3200%

    合計:4200%+3200%=7400% 




●ボス戦

 ・ボスHP50%より高い場合

  スキル1:700+350=1050%

  スキル2:800×4回×2=6400%

    合計:1050%+6400%=7450% 


 ・ボスHP50%より低い場合

  スキル1:700+350=1050%

  スキル2:800×4回=3200%

    合計:1050%+3200%=4250% 


 暴走になれないのと、ボスのHPが50%より低くなると

 スキル2の火力も落ちる。

 自HP50%より低くなればクリティカルも出るが

 狙ってやるのは難しい。


 火力としてはまずまず。

 スキル2で総ダメ回復35%があるので

 ある程度粘ることもできそう。



●訓練所

 攻撃側は安定して強い。スキル1の攻撃がHPが低い相手を狙う

 スプラッシュがあることも訓練所で敵を早期に減らせるのでgood。

 1人追い詰めては暴走化して高火力連撃、でまた1人追い詰めて

 暴走化して連撃といった流れになりそう


 スキル2の総ダメ回復35%も良い仕事をする。 



●闘技場


 ■獲物

  ●単騎特化陣営

   1人特化しているキャラ以外弱い子だらけなので

   スキル1のスプラッシュ攻撃で単騎特化してるキャラが

   巻き込まれて死亡してしまう可能性がものすごく高い。


  ●残影キャラ

   もしこの源頼光のスプラッシュ攻撃が必中なら

   残影キャラにも攻撃をぶつけられる。(未検証)

   




 ■天敵

  ●援護付与キャラ

   頼光はスキル1、スキル2共に火力が高いが

   HP吸収のパッシブが無いので反射が怖い。

   特に上杉謙信は頼光のランダム攻撃を絡めとることができるので

   スキル1では雑魚キャラを巻き込ませず、

   援護によりダメージカットしつつ

   スキル2の高火力攻撃も反射をしっかりぶつけられる。




  ●影甲・祝福付与キャラ

   趙公明、アーサー、妲己、胡喜媚、徐福、蔡文姫

   影甲や祝福で初撃をダメージカットされてしまうと

   スキル1のスプラッシュ攻撃もノーダメージになってしまう。

   特に弱い子でもしっかり守れる祝福とは相性が悪い。




  ●防御無視攻撃キャラ

   暴走状態で受けるダメージが20%も伸びてしまうので

   防御無視攻撃のダメージもしっかり伸びてしまう。

   趙公明のスキル2の防御無視とか痛い。

   そしてこのキャラ自身もスプラッシュに弱い。

   


  ●HPが低い相手に高火力攻撃を仕掛けるキャラ

   秀吉、魏延、ホウ徳、公孫サン、三妖精、織田信長、呂布

   関平、周瑜、司馬師(スプ)、曹彰(防御無視)、劉邦

   王賁、源頼光、孫策、趙雲、荀攸、李牧、飛鳥、卞氏、

   李信、楽毅、白起、玉藻前、アテナ、董卓



 ■相乗効果

  ●影甲付与キャラ

   アーサー、妲己、胡喜媚、徐福、蔡文姫

   反射による死亡可能性が高いので影甲で守っておきたい。

   特にHPが低い味方に影甲を付与してくれるアーサーと相性が良い。

   HPを低いまま高火力攻撃が出せて反射から守ってくれる。



 ■相殺効果

  ●暴走付与キャラ

   胡喜媚、曹植

   攻撃力+100%が同じだが受けるダメージが10%伸びてしまう。




●格上相手

 敵の弱い子を巻き込むことで格上陣営の

 主力でも落とすことができる。

 闘技場20位くらいまでは活躍できる。


 レベル差によるミスもスプラッシュは

 貂蝉以外は回避無視で乗り越えていく。


 ただし闘技場や皇室上位にいくと

 弱いキャラがいなくなるので、そうなると

 スキル1の攻撃がただの700%の6名攻撃と

 変わらないくらいのパフォーマンスになってしまう。

 

 しかしスキル2の火力は暴走なしでも

 13440%狙えるので格上だったり状態異常耐性がある

 相手にもダメージを出していけるが

 格上相手にHPを低い状態でキープするのが一番難しいのと

 

 敵を追い込んでHP50%より低くしてしまうと

 火力が落ちるので追いこみきれない




●育成で苦労するところ

 まずURまで入手できているので

 元宝があまりかからないのはありがたい。


 反射による死亡が怖いので

 HP吸収をつけておきたい。



●傾国・群雄での立ち回り

 攻城では司馬師よりさらにやらしい立ち回りをする

 頼光相手に守備するのは弱い子を並べると

 スプラッシュが飛んでくるのでかなり大変。

 




●単騎特化陣営の最初の副将として登用するか?

 無課金でURまで持っているのであれば登用します。

 微課金でもギリギリ登用します。


 一般戦闘、ボス戦得意ではないがまずまず動けるのと

 闘技場でも50位以内も胡喜媚や兼続や趙公明、妲己と組んで

 守りを固めながら進めていけそう。

 そういったサポートキャラを登用するための元宝を

 残しておけるところが大きい。


 上杉謙信や趙公明が流行ったら、

 スキル1が完封されるのでそれが怖い人は

 登用しない方がよい。



●単騎特化陣営の二人目の副将としてはどうか?

 基本的に見送ります。

 スキル1のスプラッシュ攻撃は闘技場で活躍できるが

 それであれば司馬師を登用した方が、撃砕付与によって

 主力の火力アップの後押しもできる。

 趙公明なんかもスキル2で防御無視攻撃サポートしてくれるので

 サポートしつつ格上ハントしてくれるキャラにした方が良い。



3,309回の閲覧