群雄争覇とは

群雄争覇の城攻めの方法は傾城の戦いとほぼ同じなので
城攻めの解説の詳細については傾城の記事をご覧ください。
→ 傾城の戦いとは
この記事では群雄争覇独自のシステムについて解説していきます。​
●同盟勢力値をもとにした参加システム
 群雄争覇に参加できる同盟は勢力値が上位48位以内の同盟のみ。
 勢力値の算出は、同盟員一人一人の過去最大戦闘力を利用して割り出す。
 
 これによって装備を外したりして
 グループ決めを操作することを抑制しています。
●勢力値をもとにしたグループ分け 
 上位48位以内の同盟は、
 さらに同盟勢力値の大きさによって
 3つのグループに分類されます。
 上位のグループから順に
  ・黄金グループ A~D
  ・白銀グループ A~D
  ・青銅グループ A~D
 
 というグループが存在します。
 必然的に強い同盟は強い同盟とぶつかる構図になります。 
 

報酬

​報酬は城ごとに下記のようになります。
郡城
​強化石:30
高級育成丹:10
群賦(確率で出現)
銅貨:40万
​州城
​強化石:70
高級育成丹:15
州貢(確率で出現)
銅貨:120万
​都城
​強化石:150
高級育成丹:25
邦国の貢(確率で出現)
銅貨:250万
●黄金グループ
●白銀グループ
​都城
​強化石:80
高級育成丹:15
邦国の貢(確率で出現)
銅貨:120万
​州城
​強化石:35
高級育成丹:8
州貢(確率で出現)
銅貨:60万
郡城
​強化石:15
初級育成丹:8
群賦(確率で出現)
銅貨:20万
●青銅グループ
​都城
​強化石:調査中
高級育成丹:調査中
邦国の貢(確率で出現)
銅貨:調査中
​州城
​強化石:調査中
高級育成丹:調査中
州貢(確率で出現)
銅貨:調査中
郡城
​強化石:10
初級育成丹:5
群賦(確率で出現)
銅貨:15万

傾城の戦いとの違い

●宣戦が3か所にできる
 傾城は宣戦が2か所、群雄は3か所に宣戦ができる。
 それだけ、部隊の配置や派遣が複雑になる。
 
 
●城のランクによって戦闘最低人数が異なる
  ●都城:必ず3人1組で守り、3人1組で攻める
  ●州城:2人以上のチームで守り、攻める
  ●郡城:副将が1人~攻めることができる。
●城のランクによって戦闘最低人数が異なる
  ●都城:4ポイント
  ●州城:2ポイント
  ●郡城:1ポイント
●ポイントによって順位が決まり報酬が貰える
  群雄の戦いは毎週火曜日から日曜日までで1シーズンとし
  この間にいかに城を確保して、上記ポイントを貯めていくかで争う。
  日曜日の群雄が終わった時点での合計ポイントで
  各グループ内での順位が決まり、順位に応じて以下の特典がもらえる。
  ●黄金グループA~D
   1位 九州至宝 4個
   2位 九州至宝 3個
   3位 九州至宝 2個
   4位 九州至宝 1個
  ●白銀グループA~D
   1位 七雄至宝 4個
   2位 七雄至宝 3個
   3位 七雄至宝 2個
   4位 七雄至宝 1個
  ●黄金グループA~D
   1位 四海至宝 4個
   2位 四海至宝 3個
   3位 四海至宝 2個
   4位 四海至宝 1個